202105_kumamoto_main_01.jpg

熊本県は世界最大級のカルデラである阿蘇をはじめ、雄大な自然に恵まれる一方で、九州有数の人口を誇る政令指定都市を持つ県でもあります。

熊本県は地域により雰囲気が大きく変わることが特徴で、一部の市町村では待機児童数が発生している状態です。待機児童ゼロを目指すべく、熊本県は保育所の増加・保育士の確保などを行い、子どもを持つ家庭は「預けやすく」、保育士は「働きやすい」環境に整えはじめています。

そこで今回は、熊本県で保育士として働くことを検討している方に向けて、給与相場や市区町村ごとの収入の違いについて紹介します。

【熊本県】保育士の給料相場|全国平均との比較

熊本県における保育士の、賞与を含めない平均年収は約367万円でした。そのほか、月収や手当・賞与も含めて全国平均とそれぞれ比較した結果が、下記のとおりです。

平均年収 平均月収(賞与含めず) 手当・賞与
全国 約363万円 約24万円 約70万円
熊本県 約367万円 約23万円 約83万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

熊本県における保育士の収入は、全国平均よりも若干高い傾向にあります。手当・賞与のみを見ると全国平均よりも熊本県のほうが約13万円高いことからも、勤務先の待遇次第でさらに高い年収が期待できます。

また、ある程度の社会人経験や保育士としての勤続年数が期待できる年齢や、培ってきた経験・スキルによっては、基本給アップの可能性があります。前職で管理職やリーダー的役割を任されていた場合は、仕事内容や能力、役職に応じて手当・賞与も増額されるでしょう。

また、勤務先の施設や運営形態の違いによっても基本給や手当・賞与が大幅に異なります。大手グループ企業や病院など、運営元によっては社会福祉法人の保育施設では導入されていない福利厚生が適用される場合もあるためです。

熊本県内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

熊本県と首をかしげる女性

熊本県は広大な面積を有しており、エリアごとに異なる特色を持っています。保育士の需要も市区町村ごとで差があるため、高収入を重視する方は勤務先も慎重に選びましょう。

2021年2月時点で、熊本県における保育士の平均年収が高い地域は、下記の4市です。地理的な特徴としては、阿蘇市を除いた3エリアは隣接していることが挙げられます。

熊本市 宇土市 阿蘇市 山鹿市
年収 約288万~400万円 約288万~400万円 約274万~400万円 約274万~352万円
月収(※) 約18万~25万円 約18万~25万円 約17万~25万円 約17万~22万円

(※)手当・賞与分を含めていません

ただし上記の金額は、マイナビ保育士の求人情報をもとに算出したものであるため、時期によって多少変動する可能性があります。

いずれのエリアも平均年収に100万円近い幅があり、場合によっては熊本県の平均および全国平均を上回る収入が期待できます。月収のみを見ても、全国や熊本県の平均金額と大きな差はありません。

エリアにより給料に差が出る理由

熊本県内でもエリアによって給料に違いがあり、前述した上位4エリアをそれぞれ比較しても数十万円近い差が見られます。エリアごとに給料の差が出る理由は、次のとおりです。

〇人口の違い
平均年収1位の熊本市は、県庁所在地であり政令指定都市でもあります。福岡県の北九州市や福岡市に次いで、九州3番目の政令指定都市化となった熊本市の人口は県内で最も多く、2020年10月時点で738,567人です。

(出典:熊本県「令和2年(2020年)熊本県の人口と世帯数(年報)」/ https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/20/78661.html

その他3エリア(宇土市・阿蘇市・山鹿市)も熊本市に及ばずとも人口は多く、一部のエリアと比べると偏りが見られます。人口が集中するエリアは待機児童が発生する可能性が高いため、保育士の需要や給料も高くなるでしょう。

熊本市の場合はさらに区ごとに人口の差があるため、市内においても差が生じる可能性が考えられます。

〇家賃や物価の違い
人口が最も多い熊本市は家賃や物価が高くなりやすいうえ、隣接する宇土市や山鹿市も同様の傾向です。家賃や物価が高いエリアの保育施設は給料も考慮されており、ほかのエリアより高額となる場合が少なくありません。
さらに勤務先によっては、基本給のほかに住宅手当や通勤手当などで手取り額が増えることもあります。

〇各自治体が行っている支援制度の違い
保育士不足を解消する目的で、熊本県や各市区町村が多種多様な支援を行っています。個人個人のスキルアップやキャリアアップを支援するセミナー・イベントを開催するほか、家賃や学費に補助金を支給する自治体もあり、内容は統一されていません。
住む場所や勤務エリアによっては同等の支援を受けられないことも多く、基本給自体に差がなくとも手取り金額が大きく異なる状態です。

このように、同じ熊本県内であっても、エリアによって収入に差が生まれることがあります。また、地域によっては正社員よりも時給のみのアルバイトやパートタイマーの職員が募集されていることもあり、必ずしも手当などが加算されるとは限りません。

熊本県で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

熊本県の景色と女性

全国的な保育士不足の解消策のひとつとして、各都道府県で多種多様な支援事業が行われており、中には県独自で取り組んでいるものも存在します。

保育士として転職や復職を検討している方の中には、資格取得のための資金や勤務希望エリアへの転居費用など、金銭的な問題を抱えているケースも少なくないでしょう。このように能力や意欲を持ちながらも事情によって働くことができない保育士に対し、熊本県はさまざまな支援・補助制度を設けています。

ここからは、熊本県が行っている支援・補助制度の中でも、金銭的な支援を行う制度を中心に解説します。

保育士修学資金貸付事業

保育士修学資金貸付事業は、保育士資格の取得を目指す方に向けた貸付金制度です。入学準備金など一時金に加え、月額の支援金も支援されます。

対象者 下記の要件すべてを満たす人物

・指定期間内に養成施設へ入学した方
・熊本県に住民登録をしている方
・ほかの自治体から同様の支援を受けていない方
・国庫補助などほかの貸付・給付を受けていない方
・養成施設からの推薦を受けている方
・家庭の経済状況など支援が必要と認められる方
・卒業後に一定期間は県内で保育士として勤務できる方
補助金 月額:50,000円
入学準備金:200,000円
就職準備金:200,000円
生活費加算:年齢・居住地によって決定
貸付期間 最大2年間

(出典:熊本県社会福祉協議会ホームページ「保育士修学資金貸付事業」/ http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/one_html3/pub/default.asp?c_id=123&id=123&q=%95%DB%88%E7%8Em&Search=on&radiobutton=4&now_P=1&show_num=20&type=search&sc_id=9
※令和2年度の受付は終了しています。

養成施設を介して申請しなければならないため、入学後の手続きとなります。2年次にも申請可能ですが、入学時の申請と異なり2年間の貸付は受けられません。

保育士就職準備金貸付事業

保育士就職準備金貸付事業は、熊本県内で保育士資格をすでに取得している方に向けた、就職するために必要な準備の購入費を貸し付ける事業です。保育所のほか、幼稚園や家庭内保育事業、事業内保育所などで働いた経験がある方も対象に含みます。

対象者 下記の要件すべてを満たす人物

・保育所など県が指定する施設もしくは事業を離職後3か月以上経過
(保育士登録から3か月以上保育士として勤務経験がない方も可)
・保育士として熊本県内で週20時間以上勤務する方
・2年間継続して熊本県内の保育所などで保育業務に従事する意思のある方
・過去に熊本県より保育士修学資金貸付等を受けていない方
補助金 最大400,000円
用途 保育士として就職するために必要な備品の購入費など

(出典:熊本県社会福祉協議会ホームページ「保育士就職準備金貸付事業」/ http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/one_html3/pub/default.asp?c_id=124&id=124&q=%95%DB%88%E7%8Em&Search=on&radiobutton=4&now_P=1&show_num=20&type=search&sc_id=9
※令和2年度の受付は終了しています。

あくまで保育士として熊本県内で働くための準備金として支給されているため、用途は職場で使用するエプロンや衣服、通勤用自転車の購入費などに限られます。

熊本県内の対象施設で2年間保育士として勤務した場合は、貸付金の返済が免除されます。

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業は、未就学児を持つ熊本県内の保育士に向けた、子どもを保育施設などに預けるときの費用を補助する制度です。補助金額は、実際の保育料を参考に決定されます(※上限あり)。

対象者 下記の要件すべてを満たす人物

・未就学児を持つ保育士
・熊本県内の保育所など対象施設に新たに勤務する方
(産休・育休から復帰する方も含む)
・熊本県内の保育所など対象施設で2年間継続して勤務する方
(週20時間以上の勤務)
・過去に熊本県が実施する類似の貸付事業を受けていない方
補助金 保育料の半額(月額27,000円まで)
貸付期間 1年間

(出典:熊本県社会福祉協議会ホームページ「未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業」/ http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/one_html3/pub/default.asp?c_id=125&id=125&q=%95%DB%88%E7%8Em&Search=on&radiobutton=4&now_P=1&show_num=20&type=search&sc_id=9
※令和2年度の受付は終了しています。

居住訪問型保育事業や一時預かり事業など、保育施設以外の施設・事業も対象に含まれるため、ライフスタイルに合った仕事を選びつつ支援を受けられます。

2年間継続して週20時間以上の勤務が求められる一方で、条件を満たした場合は返済が免除される仕組みです。

まとめ

熊本県で保育士として働く場合の平均年収は、全国平均よりもわずかに高い傾向にあります。各市区町村で人口や環境に差があることも含めると、勤務先や雇用形態、エリア次第でさらなる高収入を狙えるでしょう。

また、金銭的な理由で保育士としての転職や復職を躊躇している方は、各自治体によるサポートを受けることがおすすめです。貸付事業の応募条件は基本的に厳しく設定されておらず、一定条件を満たすと返済免除もされます。

マイナビ保育士では、熊本県の保育士求人を豊富に掲載しており、専属のキャリアアドバイザーがあなたの転職のサポートもいたします。熊本県で保育士として活躍したい方は、ぜひ一度マイナビ保育士の転職サポートを利用してみてはいかがでしょうか。

※当記事は2021年2月現在の情報を基に作成しています

熊本県の求人情報はこちら