202105_okinawa_main_01.jpg

南国らしい温暖な気候と、美しい海に囲まれた沖縄県は、観光スポットとして人気のある都道府県です。そうした華やかな一面がある一方で、待機児童率が全国ワースト1位を記録するなど、沖縄県は保育士の人材確保が急務となっています。

今回は、沖縄県で働く保育士の平均給料を全国平均と比較したのち、沖縄県内の市ごとの年収・月収やエリアにより給料に差がある理由を解説します。保育士が利用できる支援・補助制度も紹介するため、沖縄県の給料事情が気になる人はぜひ参考にしてください。

【沖縄県】保育士の給料相場|全国平均との比較

沖縄県で保育士として働くにあたり、給料相場がいくらなのかは最も気になるポイントです。全国の保育士と沖縄県の保育士の給料相場を比較した結果は、下記の通りとなっています。

平均年収 平均月収(賞与含めず) 手当・賞与
全国 約363万円 約24万円 約70万円
沖縄県 約329万円 約22万円 約55万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

全国で働く保育士の平均年収約363万円と比較すると、沖縄県で働く保育士の平均年収は約329万円であり、大きく下回ることが実情です。平均月収の差は2万円とあまり大きくありませんが、手当・賞与に約15万円の開きがあることが、全国と沖縄県の平均年収の違いにつながっていると考えられます。

とはいえ、保育士の給料は年齢・経験・スキルのほか、勤務先によっても変わるため、全国平均以上の収入が必ず得られないとは言えません。実際に、マイナビ保育士には企業主導型保育事業認可保育園などで月収25万円以上を提示し、年収350万以上を目指せる求人も出ています。

また、沖縄県の近隣となる九州地方と比較すると、福岡県の保育士の平均年収は約381万円ですが、佐賀県の保育士の平均年収は約307万円であり、沖縄県の平均年収のほうが上回るケースもあります。

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

上記で提示した沖縄県で働く保育士の年収は、あくまでも平均です。施設形態や運営形態など、さまざまな条件で得られる収入は変わることを念頭に置いておきましょう。

沖縄県内で違いはある?保育士の給料が高い市区町村はどこ?

沖縄県と首をかしげる女性

沖縄県で働く保育士の平均給料は、仕事内容や施設形態、運営形態だけでなく、勤務先の存在するエリアによっても異なります。

下記は、沖縄県の中でも給料の高い市をピックアップした表です。それぞれの市ごとに、平均年収と平均月収を提示しています。いずれも、マイナビ保育士に掲載されている求人情報に基づき、平均年収と平均月収の推定値を算出しました。そのため、平均年収・平均月収ともに幅があります。

沖縄市 那覇市 浦添市 石垣市 宜野湾市
年収 約288万~416万円 約304万~416万円 約272万~320万円 約272万~416万円 約256万~400万円
月収(※) 約18万~26万円 約19万~26万円 約17万~20万円 約17万~26万円 約16万~25万円

(※)手当・賞与分を含めていません

上記を見ると、最も年収の下限が高い市は那覇市であり、年収は最低でも304万円以上を得られることがわかります。その次に、年収の下限が高い市は沖縄市です。那覇市・沖縄市ともに、月収の下限も他市と比べると約18万~19万円と高い傾向にあるため、沖縄県で高収入を得たい人は那覇市・沖縄市の保育士求人をチェックしてみるとよいでしょう。

そのほかには、浦添市や石垣市、宜野湾市でも年収300万~400万円以上を目指すことが可能です。特に、石垣市・宜野湾市は、月収の上限が約25万~26万円のため、那覇市・沖縄市と同等の月収を得られる可能性があります。

保育の仕事に携わりながら、それなりの収入を確保したいと考えている人は、沖縄市・那覇市・浦添市・石垣市・宜野湾市で出されている保育士求人の中から、自宅から通いやすい勤務地や勤務先を探してみてください。

エリアにより給料に差が出る理由

沖縄県のエリアによって保育士の給料に差が生まれている理由は、「保育士の需要の高さ」が挙げられます。

令和2年4月1日時点で、認可保育所等申込児童数は那覇市で11,581人、沖縄市は5,609人、浦添市は4,848人、石垣市は2,351人、宜野湾市は4,229人です。沖縄県内で給料が高い傾向にある市はいずれも、ほかの市と比べると認可保育所等申込児童数が多く、中には待機児童が発生している自治体もあります。

(出典:沖縄県「各市町村別保育所入所待機児童数(令和2年4月1日現在(速報値)」/ https://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/kosodate/taikijidou.html

実際に、厚生労働省の調査でも沖縄県の待機児童率は全国ワースト1位であると発表されています。全国的に見て待機児童が多いとされる兵庫県の待機児童率は1.31%、沖縄県の待機児童率は2.19%です。

(出典:厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(令和2年4月1日)」/ https://www.mhlw.go.jp/content/11922000/000678692.pdf

待機児童問題を解消するためには、子どもを預かる保育施設を増設し、その保育施設に勤務する保育士を確保しなければなりません。そのため、各保育施設は保育士の待遇を手厚くし、人材確保を進めている状況です。

保育士の給料の高さは、保育士の需要の高さにつながっていることを理解しておきましょう。

沖縄県で実施!保育士に対する「支援・補助制度」とは

沖縄県の景色と女性

沖縄県では、全国上位の待機児童率の高さを解消するために、さまざまな支援・補助制度を用意して、保育士の確保に取り組んでいます。これから沖縄県で保育士として就職・転職・復職しようと考えている人は、支援・補助制度を積極的に活用しましょう。

ここからは、沖縄県で実施されている3種類の支援・補助制度をピックアップします。なお、いずれの支援・補助制度も令和3年度の受付はまだ開始されていません(令和3年2月時点)。支援・補助制度の利用を考えている場合は、沖縄県福祉人材研修センターのホームページから最新情報をチェックしてください。

保育士修学資金貸付制度

「保育士修学資金貸付制度」は、保育士養成施設に通っている人に対して、修学資金を貸与している制度です。貸付金には利子がないほか、条件を満たせば返還が免除されるため、経済的な困難を抱えながらも保育士を目指している人はぜひ利用しましょう。

対象者 以下の要件をすべて満たす人

・沖縄県内の保育士養成施設の指定学科に在学している
・保育士養成施設の卒業後1年以内に保育士登録を行い、指定施設に勤務する
・優秀な学生であり、経済状況から貸付が必要と認められる
・同種の貸付を受けていない
補助金 修学費:月額5万円以内
入学準備金:20万円以内
就職準備金:20万円以内
返還免除 保育士養成施設の卒業後1年以内に保育士登録を行い、指定施設に5年間勤務する

(出典:沖縄県福祉人材研修センター「保育士養成施設に在学している方」/ https://www.okishakyo.or.jp/jinzai/2020/04/10/%e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%a3%ab%e4%bf%ae%e5%ad%a6%e8%b3%87%e9%87%91%e8%b2%b8%e4%bb%98%e5%88%b6%e5%ba%a6/

保育士就職準備金貸付制度

「保育士就職準備金貸付制度」は、保育士資格を持っているものの保育施設で勤務していない人に対し、就職にかかる費用を貸し付けてくれる制度です。無利子で貸し付けられるため、新たに就職するにあたり経済的な困難を抱えている人は、ぜひ申し込んでみましょう。

対象者 以下の要件をすべて満たす、週20時間以上勤務する保育士

・保育施設を離職したあるいは勤務経験がない
・保育施設に新たに就職する予定がある
補助金 40万円以内
返還免除 沖縄県内の保育施設で保育士として2年間勤務する

(出典:沖縄県福祉人材研修センター「「潜在保育士」の就職支援を図るための就職準備金貸付制度」/ https://www.okishakyo.or.jp/jinzai/2020/04/01/%e5%b0%b1%e8%81%b7%e6%ba%96%e5%82%99%e9%87%91%e8%b2%b8%e4%bb%98/

未就学児を持つ潜在保育士に対する保育料の一部貸付制度

「未就学児を持つ潜在保育士に対する保育料の一部貸付制度」は、保育士資格を持っていて働いていない人の子どもの保育料を貸し付ける制度です。保育士の離職防止や保育人材の確保が制度の主な目的です。未就学児を育てている人は、積極的に活用しましょう。

対象者 以下の要件をすべて満たす、週20時間以上勤務する保育士

・未就学児を育てながら、新たに保育施設に勤務する
・産休または育休から復帰する
補助金 保育料の半額(月額上限27,000円)
返還免除 沖縄県内の保育施設で保育士として2年間勤務する

(出典:沖縄県福祉人材研修センター「未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付制度」/ https://www.okishakyo.or.jp/jinzai/2020/04/01/%e6%9c%aa%e5%b0%b1%e5%ad%a6%e5%85%90%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a4%e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%a3%ab%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e4%bf%9d%e8%82%b2%e6%96%99%e3%81%ae%e4%b8%80%e9%83%a8%e8%b2%b8%e4%bb%98/

まとめ

沖縄県で働く保育士の平均年収は約329万円であり、全国平均の約363万円を下回る状況です。しかし、沖縄県内でも沖縄市・那覇市・浦添市・石垣市・宜野湾市は、保育士の需要が高く、それに比例して保育士の給料も高い傾向にあります。沖縄県で就職や転職する際は、支援・補助制度も積極的に活用しましょう。

正社員や契約社員、パート、アルバイトなどの雇用形態、月給や時給などの勤務条件から保育士の求人情報を探したいときは、「マイナビ保育士」をご利用ください。「社会保険完備」「交通費支給」「ブランクOK」など、さまざまな条件から自分に合う保育園や児童施設、幼稚園を見つけることができます。

※当記事は2021年2月現在の情報を基に作成しています

沖縄県の求人情報はこちら