202106_nara-auxiliary.jpg

奈良県は、平成27年度の時点で県外就業率が全国2位であり、他県で就業する人の割合が非常に高い都道府県です。子育てしながら県外で仕事をする女性も多く、保育施設を利用する人は決して少なくありません。そのため、奈良県は保育士の需要が高い地域といえます。

(出典:奈良県「県外就業率」/ http://www.pref.nara.jp/secure/239357/part_04_07.pdf

保育士資格を持っている人の中には、他府県から奈良県に移り住んで働きたいという人もいるでしょう。奈良県内・県外を問わず、家賃補助・社宅制度・住宅手当のある勤務地を選べば、住居費を節約することが可能です。
そこで今回は、奈良県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の求人状況を解説します。

奈良県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況

まずは、奈良県において「家賃補助・社宅制度・住宅手当」がある求人はどれくらい存在するのか確認してみましょう。下記は、奈良県で保育士を募集しているすべての求人数と、「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数を比較した表です。

奈良県における保育士の求人状況
全求人数 94件
「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数 約30件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

上記を見ると、奈良県ではすべての保育士求人のうち約3割に「家賃補助・社宅制度・住宅手当」があることがわかります。「家賃補助・社宅制度・住宅手当」のある保育士求人の特徴には、以下の2点が挙げられます。

●小規模な保育施設に「社宅制度あり」とする求人が多い
奈良県で借り上げ社宅制度が完備されている求人は、定員10~20名の小規模な保育施設がほとんどです。「社宅制度あり」の求人には、認可保育園や児童発達支援センターなどがあります。そのため、奈良県で社宅制度のある保育施設に就職した場合は、定員の少ない小規模な保育施設で、アットホームな保育できる可能性が高いでしょう。

●住宅手当の平均的な金額は約1万~2万円
奈良県から出されている保育士求人は、「住宅手当1万円」「住宅手当2万円」とする内容が多い傾向にあります。中には、「住宅手当5,000円」という求人もあり、保育施設によって住宅手当の支給額は千差万別です。とはいえ、奈良県では手厚い福利厚生を用意する保育施設が多く、住居費の負担軽減を目指せるでしょう。

【保育士向け】奈良県が実施する家賃補助・社宅制度の支援策

鹿

奈良県内で「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」を受け取る方法には、自治体による補助金制度を利用している保育施設を見つける方法もあります。奈良県には、保育士の住居費負担の軽減を目的とする制度がいくつかあります。

ここからは、奈良県が実施する家賃補助・社宅制度の支援策として、2つの制度を紹介します。

奈良市保育士宿舎借り上げ支援事業

「奈良市保育士宿舎借り上げ支援事業」は、事業者が保育士の宿舎として借りた物件費用の一部を補助する制度です。保育士に対して直接補助金が支給されるわけではありませんが、当事業を活用している保育所に就職し、借り上げ宿舎に住む場合は、通常よりも家賃が安くなる可能性があるでしょう。

対象者 以下をすべて満たす保育士
・奈良市内の保育所・認定こども園・小規模保育事業所に勤務している
・常勤として1日6時間以上かつ月20日以上勤務している
・配属されて5年以内である
補助金 上限60,000円以内/1戸あたり月額
対象物件 保育施設などを運営する事業者が保育士用の宿舎として借りている物件
対象経費 ・賃借料
・共益費(管理費)

(出典:奈良市子ども未来部子ども政策課「奈良市保育士宿舎借り上げ支援事業」/ https://www.city.nara.lg.jp/site/kosodate/66112.html

「奈良市保育士宿舎借り上げ支援事業」は、奈良市内における保育士の就職促進・職場定着・離職防止を目的としています。そのため、園長などの管理職を務めている保育士は「奈良市保育士宿舎借り上げ支援事業」の対象にはなりません。また、宿舎も奈良市内にあることが原則です。

奈良県内で働くにあたり住居費の負担を減らしたいときは、保育施設に当事業を活用しているかどうか確認してみてください。

奈良市民間保育所等保育士就労奨励費交付事業

「奈良市民間保育所等保育士就労奨励費交付事業」は、新たに就職した奈良市内の保育施設で1年以上勤務した人を対象に、就労奨励費を交付する制度です。就労奨励費の利用方法に特に制限はないため、受け取った就労奨励費を家賃などに充てれば、住居費の負担を軽減することができます。

対象者 以下をすべて満たす保育士
・奈良市内の保育所・認定こども園・小規模保育事業所に勤務している
・保育施設での勤務期間が1年以上経っている
・保育施設と直接契約を結び、1日6時間以上かつ月20日以上勤務している
・過去2年間、奈良市内の保育施設に勤務していない
・過去に就労奨励費の交付を受けていない
補助金 150,000円
交付方法 勤務先の保育施設を経由して支給

(出典:奈良市子ども未来部子ども政策課「奈良市民間保育所等保育士就労奨励費交付事業」/ https://www.city.nara.lg.jp/site/kosodate/66111.html

保育士人材の確保・定着・離職防止を図り、待機児童問題の早期解決を目指すことが、「奈良市民間保育所等保育士就労奨励費交付事業」の目的です。そのため、すでに保育士として長年継続して勤務していたり、1日3時間などの時短勤務をしている人は、同事業の対象にはなりません。また、令和3年度の実施は未定です。

【市区町村別】奈良県の保育士求人状況と家賃相場

奈良県で保育士として勤務するにあたり、賃貸物件を借りようと考えている場合は、奈良県の家賃相場も知っておきましょう。

下記は、奈良県内でも特に保育士の求人数が多い5つの市をピックアップし、家賃相場と求人数を比較した表です。なお、家賃相場は不動産・住宅サイトを、保育士求人数はマイナビ保育士をもとに算出しています。

1K/1DKの家賃相場 保育士求人数(※)
奈良市 約4.0万~4.9万円 36件
生駒市 約4.1万~5.7万円 10件
天理市 約3.7万~4.3万円 9件
香芝市 約3.8万~4.3万円 8件
橿原市 約3.8万~4.5万円 7件

(※出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

上記を見ると、奈良県内では奈良市を中心に、人口が多く、大阪府内へのアクセスがよい市から多くの保育士求人が出ていることがわかります。

県庁所在地のある奈良市は、奈良県内でもっとも人口が多く、約35万人です。その次に、橿原市・生駒市・大和郡山市・香芝市・天理市と続きます。特に、生駒市・香芝市は、他県へ通勤している人の割合が高い地域です。平成27年度における市町村別県外就業率は、生駒市が1位・香芝市が4位にランクインしています。いずれも近鉄けいはんな線・近鉄大阪線などの路線のあるエリアです。

(出典:奈良県「奈良県推計人口年報」/http://www.pref.nara.jp/secure/221749/r2-gaiyou01.pdf
(出典:奈良県「県外就業率」/http://www.pref.nara.jp/secure/239357/part_04_07.pdf

また、学園前駅や学研奈良登美ヶ丘駅、生駒駅など、大阪市内まで30分~40分圏内でアクセスできる駅がある奈良市・生駒市は、特に家賃相場が高い傾向にあります。しかし、奈良市・生駒市は奈良県内でも保育士求人数が多く、「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人に出会える可能性も高くなります。家賃相場の高いエリアに住もうと考えている場合は、「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」となっている職場に勤務することで、住居費の負担軽減を図れるでしょう。

「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人を奈良県内で探したいときは、マイナビ保育士をぜひご利用ください。マイナビ保育士では、「住宅手当あり」「残業少なめ」「ブランクOK」などのこだわり条件から、希望に合う求人内容を簡単に検索することが可能です。正社員や契約社員、パート、アルバイトなど、雇用形態も多種多様です。仕事内容や勤務地に納得し、気になる求人情報があれば、応募してみましょう。

まとめ

奈良県には、全求人の約3割に「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」とする求人があります。小規模な保育施設が社宅制度を用意していることが多く、住宅手当の相場は約1万~2万円です。奈良県内でも求人情報が多い地域は、奈良市や生駒市などです。

自分の希望に合う就職先を見つけたい場合は、マイナビ保育士の「転職サポート」をぜひご利用ください。転職サポートでは、非公開求人の紹介から履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、条件交渉まで、安心のサービスをワンストップで提供しています。転職サポートは完全無料のため、お気軽にご登録ください。

※当記事は2021年4月現在の情報を基に作成しています

奈良県の求人情報はこちら