202104_event_01.jpg

保育園では、さまざまな年間行事が行われます。子どもと保育士だけで行うイベントから、保護者にも参加してもらうイベント、地域の人たちの助力を得て行うイベントなど、イベントの種類や催し方も多種多様です。

毎月複数回行われるイベントの計画・製作・準備・実行は保育士の大切な仕事のひとつとなります。各行事の狙いをきちんと理解して行うことで、より有意義なイベントとして成功させることができるでしょう。

今回は、保育園の年間行事を行う目的と各イベントの狙い・準備事項について解説します。

保育園で行事を行う目的

保育園で行われる年間行事にはそれぞれ狙いがあり、その狙いに沿って行事を運営することが大切です。

下記は、保育園で行われる主な年間行事のスケジュールとなります。

4月 入学式進級式健康診断誕生日会
5月 子どもの日母の日春の遠足誕生日会
6月 保育参観父の日虫歯予防デー誕生日会
7月 七夕プール開きお泊まり保育誕生日会
8月 夏祭りプール遊び夏休み誕生日会
9月 敬老の日お月見会秋の遠足誕生日会
10月 運動会ハロウィン芋掘り大会誕生日会
11月 発表会七五三誕生日会
12月 クリスマス会誕生日会
1月 お正月遊び餅つき大会誕生日会
2月 節分(豆まき)お遊戯会(生活発表会)誕生日会
3月 ひな祭りお別れ遠足お別れ会卒園式修了式誕生日会

以上が大まかな1年間のスケジュールです。基本的に、子どもの誕生日会はどこの保育園でも月ごとに行われます。

ここからは、季節ごとで行われる主な行事の狙いや、準備事項を紹介します。

春(4月~5月)の主な行事

春に行われる行事では、子どもや保護者が新しい出会いに慣れ、相手と交流を深められるイベントが多くなります。

入園式
入園式の狙いは、新しい環境に不安を抱く親子の緊張をほぐし、保育園での生活に期待感を抱かせて登園に対する抵抗感を減らすことです。暖かく和やかな雰囲気で新入園児と保護者を歓迎し安心させましょう。
進級式
進級式の狙いは、日頃顔を合わせない他クラスの子どもや、新しい保育士との交流を深めることです。保育園によっては、学年が上がった子どもの成長を祝う進級式が行われます。
子どもの年齢構成によって式の構成は異なるものの、基本的に保護者は参加しません。
春の遠足
春に行われる遠足の狙いは、保育士や友達との親睦を深めることです。過ごしやすい気候の中で自然と触れ合い、のびのびと身体を動かして遊びながらも集団行動におけるルールやマナーを身につけられるよい機会となります。保護者も参加する親子遠足の場合は、保護者同士の交流も後押ししましょう。
遠足先の下見やルート確認の際は、余裕を持ったスケジュール調整が必須です。

夏(6月~8月)の主な行事

ほとんどの保育園は、幼稚園などとは異なり夏休みを設けていません。一般的な夏休みの時期は、保育園と地域の合同イベントとして行われる行事も多い傾向です。

七夕
七夕の狙いは、日本の伝統行事に触れて興味を持ってもらうことです。七夕の由来を歌や絵本で教える場合や子どもと一緒に七夕飾りを作る場合は、スムーズに進められるよう事前に練習します。本物の笹を使う場合は入手先を確保しておきましょう。
夏祭り
夏祭りの狙いは、日本や地域の伝統行事や文化を伝え、親しみを持ってもらうことです。園庭だけで小規模に行う場合と、地域と協力して縁日として行われる場合があります。
保護者同士や園外の人とも交流できる機会ではあるものの、縁日や出店などの手伝いで保護者に負担をかけ過ぎないように注意しなければなりません
お泊まり保育
お泊まり保育の狙いは、保護者と離れた状態でいつもより長時間過ごすことによって、自立心と協調性を学ばせることです。
普段と異なる環境に大はしゃぎする子どもがいる一方で、さみしさから泣き出してしまう子どももいます。ストレスから体調を崩してしまう場合もあるため、細かな様子の差も見逃さないようにしましょう。

秋(9月~11月)の主な行事

秋は、保育園の環境に慣れた子どもたちが、一度に多くの相手と交流したり子ども同士で協力したりする行事が開かれます。

敬老の日
敬老の日の狙いは、子どもと祖父母が交流する機会を設けることです。子どもから手作りのプレゼントや歌・ダンスなどでもてなし、祖父母に感謝の気持ちを伝えることができます。また、地域の老人ホームに慰問することもあります。
運動会
運動会の狙いは、こつこつと練習してきた成果を披露し、結果を出すことや称賛されることで達成感を味わわせ共通の思い出を作ることです。
ただし、保育園の運動会は競争で上位に入ることは重要ではありません。子どもがルールを守ることの大切さや友達と協力することの喜びを知り、継続力を身につけさせスポーツを好きになってもらうことが大切です。
残暑が厳しい時期と重なることも多いため、子どもたちの健康管理には十分に気を遣いましょう。
ハロウィンパーティー
ハロウィンパーティーの狙いは、季節の移り変わりを感じながら日本に定着した外国の文化に親しみを持ってもらうことです。保育園によっては、地域で合同のパーティーを行ったりパレードに参加したりします。
子どもに仮装させる場合は、子どもが嫌がらない・怖がらない衣装やメイクを選ぶことが大切です。また、用意するお菓子にアレルギー物質が含まれていないか入念に確認しましょう。保育園で用意する場合はもちろん、地域の人からのもらいものにも十分な注意が必要です。

冬(12月~3月)の主な行事

冬は暦関係のイベントが多く、年度の締めくくりとなる卒園式が行われます。

クリスマス会
クリスマス会の狙いは、友達や保育士とクリスマス独特の雰囲気を一緒に楽しみながら、クリスマスに関心を持ってもらうことです。
12月初めから園内を飾りつけて徐々に子どもたちの気持ちを盛り上げるとともに、クリスマス本来の意味や由来などを絵本や劇などの内容を通して教えましょう。
お正月遊び
お正月遊びの狙いは、日本の伝統的な遊びや風習を楽しみながら学び、継承してもらうことです。
お正月遊びの種類によっては小さい道具を多用するため、誤飲に注意しましょう。餅つきを行う際は衛生面やケガに気をつけ、子どもがのどに詰まらせないように小さく千切ることも大切です。
節分
節分の狙いは、豆をまいて鬼を退治する経験や節分に関するお話しを通して、節分に興味を持ってもらうことです。
大豆は誤飲につながるため丸めた新聞紙などで代用します。また、鬼を演じる際はやられ役に徹し、大声を出したり追いかけすぎたりして子どもに怖い思いをさせないようにしましょう。
ひな祭り
ひな祭りの狙いは、性別に関係なく日本の昔からの風習に親しんでもらうことです。一般的には女の子が主役のお祭りですが、保育園では男の子も女の子も同じように参加するため、どちらでも楽しめるように工夫しなければなりません。
また、ひな飾りは小物が多いため誤飲に注意しましょう。
卒園式
卒園式の狙いは、保護者とともに子どもたちの成長を実感し、新たな門出を喜び合うことです。
卒園児たちにとっては小学校への入学、年長児たちにとってはお兄ちゃん・お姉ちゃんとなる期待感を膨らませる儀式でもあります。新しい年度に自信を持って望めるような言葉をかけてあげましょう。

まとめ

子どもたちは保育園で行われる行事を通して、体感し楽しみながら日本や外国の文化・風習に触れ、親しみを持てるようになります。また、行事に向かって練習を積み重ね、友達と協力し一緒に成功させることの喜びを得ることもできるでしょう。

保護者にとっては、普段見ることのできない子どもの様子を知り、成長した姿を実感する機会でもあります。各行事の狙いをしっかりと理解して入念に準備を行い、子どもや保護者にとってより有意義で素晴らしい思い出作りができる行事にしましょう。