202104_ishikawa_detail_01.jpg

石川県は「いしかわエンゼルプラン2015」を策定し、「子育て支援先進県」として子どもを安心して生み育てられる環境づくりに積極的な県です。「いしかわエンゼルプラン2015」の中には、放課後児童クラブをはじめ、保護者のニーズに応える保育サービスの拡充も掲げられています。そのため、石川県では保育士を募集する求人が数多く出されています。

(出典:石川県「いしかわエンゼルプラン2015」/https://www.pref.ishikawa.lg.jp/kodomoseisaku/angelplan2015/angelplan2015.html

今回は、石川県で保育士として就職・転職するにあたり、知っておきたい石川県の保育士事情を解説します。石川県で希望に合う保育士求人の探し方も説明するため、ぜひ最後まで目を通してみてください。

石川県における保育士事情

石川県では数多くの保育士求人が出されているとはいえ、各保育施設における働き方は多種多様です。そのため、石川県における保育士の働き方には、どのような傾向があるのか気になる人もいるでしょう。

ここからは、勤務時間・給料相場・求人状況という3つの観点から、石川県における保育士事情を説明します。

勤務時間

仕事は、1日の大半を占めます。そのため、保育士として働くにあたり、どれくらいの勤務時間になるのか気になる人は少なくありません。

下記は、石川県における勤務時間をまとめた表です。

男性 160時間
女性 161時間
男女計 161時間

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

石川県で働く人の勤務時間は、男性と女性で大きな差はありません。160~161時間は1日8時間・月20日業務に従事した場合の勤務時間となり、残業もそれほど多くないため、石川県は労働基準法の範囲内で適正に働ける環境が整っていると言えるでしょう。

給料相場

続いて、石川県で働く保育士の給料相場を見てみましょう。下記は、石川県で働く保育士の平均年収と、全国で働く保育士の平均年収を比較した表です。

石川県 約358万円
全国 約363万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

石川県で働く保育士の平均年収は約358万円、全国で働く保育士の平均年収は約363万円であることから、石川県では全国と同等の収入が得られると言えます。「保育士は給与が低い」というイメージを持つ人もいますが、石川県であれば収入面に関して大きな問題はないでしょう。

求人状況

では、石川県ではどれくらいの求人が出ているのでしょうか。石川県の求人状況は、石川県の待機児童数や取り組みから把握することができます。

まず、令和2年4月1日時点において石川県の待機児童数は0人です。令和元年度も待機児童ゼロであることから、石川県では待機児童がいない状態が続いていると言えます。

(出典:厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(令和2年4月1日)」/https://www.mhlw.go.jp/content/11922000/000678692.pdf

全国的に待機児童が社会問題となる中、石川県で待機児童の発生を抑えられている要因は、冒頭で説明した「いしかわエンゼルプラン2015」による取り組みが大きいと言えるでしょう。

「いしかわエンゼルプラン2015」には、子育て支援の一環として「保護者のニーズに対応したサービスの提供」を掲げています。その実現に向けて、3歳未満児が対象となる「在宅育児家庭通園保育モデル事業」や、病児・病後児保育利用料の無料化など、石川県ではさまざまな取り組みを実施してきました。

(出典:石川県「「いしかわエンゼルプラン2015」の取組状況」/https://www.pref.ishikawa.lg.jp/kodomoseisaku/angelplan2015/documents/07s4.pdf

「いしかわエンゼルプラン2020」でも引き続き保育サービスの充実化に取り組む予定であるため、今後も石川県では保育サービスを担う保育士の人材確保を目的に多数の求人が出るでしょう。

(出典:石川県「「いしかわエンゼルプラン2020(仮称)」の具体的施策の展開」/https://www.pref.ishikawa.lg.jp/kodomoseisaku/angelplan2015/documents/08s5.pdf

石川県が進める保育士への補助・取り組み

石川県で就職・転職・復職を検討している場合は、保育士事情だけでなく、石川県が実施している保育士向けの補助・取り組みも把握しておきましょう。保育士向けの補助・取り組みを利用することは、働きやすさにも直結すると言っても過言ではありません。

ここからは、石川県が進める保育士への補助・取り組みを3つピックアップします。いずれも年齢不問・経験不問であるため、条件に該当する場合はぜひ利用しましょう。

保育士修学資金貸付

「保育士修学資金貸付」は、石川県内の保育士養成施設に通っている学生に対して、修学資金などを貸し付けてくれる制度です。無利子で利用することができます。

対象者 次の条件にすべて該当する人
・石川県内の対象の養成施設に通っている
・貸与申請日時点で日本国内に住民登録がある
・養成施設卒業後5年間は石川県内で保育士に従事する
・学業が優秀または向学心が高く、経済状況から貸与が必要と認められる
補助金 修学資金:月額5万円以内入学準備金:20万円以内就職準備金:20万円以内
返還免除の条件 次の条件をすべて満たした場合
・養成施設卒業後1年以内に保育士登録を行う
・石川県内の保育施設に5年間継続して勤務する

(出典:石川県社会福祉協議会「保育士修学資金(貸与)」/https://www.isk-shakyo.or.jp/qualification/hoiku_fund.html

貸付金は、養成施設に在学している最長2年間に3回に分けて振り込まれます。ただし、保育士修学資金貸付を利用するためには、石川県内に住民登録のある人を連帯保証人として立てる必要があります。

潜在保育士再就職準備金

「潜在保育士再就職準備金」は、保育士の資格を持っていながらも、保育士として働いていておらずブランクがある人の再就職を経済的に支援する制度です。再就職に必要な費用を一括で借りることができます。

対象者 次の条件にすべて該当する人
・申請者および連帯保証人の現住所と住民登録の住所が同じ
・保育士資格の登録から1年以上経過している
・保育施設の離職から1年以上経過している、または勤務経験がない
・石川県内の対象施設に新たに勤務することが決まっている
・保育士として週20時間以上働く
・採用決定日から30日以内に申請する
・採用決定日までに石川県福祉の仕事マッチングサポートセンターへ有資格者として届出を行っている
・同種の貸付制度を利用していない
補助金 40万円以内
返還免除の条件 石川県内の保育施設で週20時間以上かつ2年間勤務する

(出典:石川県社会福祉協議会「保育士に復帰するアナタを応援します!」/https://www.isk-shakyo.or.jp/qualification/pdf/r2_hoiku_pamph.pdf#view=FitH

潜在保育士再就職準備金で貸し付けされた補助金は、子どもの預け先を探す活動費や入園料、講習会の費用など、さまざまな用途に充てることが可能です。ただし、連帯保証人が1名必要となることに留意しましょう。

保育士試験合格者等現場実習事業

「保育士試験合格者等現場実習事業」は、保育士養成施設に通わずに保育士試験で資格を取得した人が、保育所や認定こども園で現場実習を受けられる事業です。保育士としての働き方や現場の雰囲気を肌で感じることで、不安を払しょくすることを目的としています。

対象者 保育施設で就労しておらず、いずれかの条件にすべて該当する人
・保育士試験に合格して資格を取得あるいは取得見込み
・勤務経験がないあるいは離職から1年以上経過している
実習期間 最大5日間
実習内容 実習希望者と保育施設の間で相談して決まる

(出典:石川県社会福祉協議会「令和2年度 保育士試験合格者等現場実習事業 実施要領」/https://www.isk-shakyo.or.jp/information/pdf/N1505182550003.pdf

保育士試験合格者等現場実習事業を利用するにあたり、実習希望者が実費を負担することはありません。しかし、実習希望者に対する給与や食費、ユニフォーム代は支給されないことは注意点として挙げられます。

【石川県】保育士求人を探す際のポイント

最後に、石川県で自分のライフスタイルに合う保育士求人を探すためのポイントを紹介します。

子どもをのびのびと保育したいなら「園庭あり」の求人を選ぶ

石川県の保育士求人は、「園庭あり」という条件で出している保育施設が多い傾向にあります。園庭がある保育施設では子どもたちは思いっきり体を動かして遊べるため、「遊びを通して多くのことを学んでほしい」という保育観を持つ人は「園庭あり」の求人がおすすめです。

高収入を目指すなら大規模な保育園の求人を狙う

石川県では、定員100名以上の大規模な保育園の多くが「高給与」の求人を出しています。何十人の子どもを相手にさまざまなカリキュラムや行事を実施することは、決して楽ではありません。その分、給与が高く設定されており、多くの子どもたちと関われるため、大きなやりがいも得られるでしょう。

子育てと仕事を両立したいなら託児所のある求人を選ぶ

石川県では、託児所を利用できる保育施設からの求人も少なくありません。託児所があれば勤務先に子どもを預けられるため、別の保育施設に送り迎えする手間がかかりません。子どもを安心して預けつつ保育に集中したい人は、託児所完備の保育施設を選ぶとよいでしょう。

自分の希望する保育士求人を探したいときは、「マイナビ保育士」をぜひご利用ください。マイナビ保育士では、仕事内容や施設形態などさまざまな条件で絞り込めるほか、非公開求人も取り扱っています。マイナビ保育士なら、希望に合致する求人情報がきっと見つかるでしょう。

まとめ

石川県で働く保育士は、一般的な勤務時間かつ平均的な給料となっていることが特徴です。石川県では待機児童0人が続いているものの、これからも保育サービスの拡充に向けて、多様な保育施設から求人が出ると予想されます。

学生や主婦など、保育士の就労を応援する補助・取り組みもあるため、対象条件を満たす人は積極的に活用しましょう。自分に合う保育士求人を見つけるポイントは、希望の条件から保育施設を絞り込むことです。石川県で転職活動を行う際は「マイナビ保育士」をぜひご利用ください。

※当記事は2021年2月現在の情報を基に作成しています

石川県の求人情報はこちら