202108_kumamoto-auxiliary.jpg

熊本県は、九州地方に位置し有明海や不知火海に面した自然豊かな県です。近年は、若い世代のUターンやIターンが多いことから、潜在的な保育の需要が熊本県では高まっています。保育士を確保するために、家賃補助や住宅手当に力を入れる保育園も増えつつあります。

この記事では、熊本県で募集されている保育士求人の中から、家賃補助・社宅制度・住宅手当のあるものについて紹介します。さらに、行政による保育士への支援制度や熊本県の家賃相場についても解説するため、ぜひ参考にしてください。

熊本県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況

近年、保育人材を効率的に確保するために、社宅・職員寮制度や家賃補助などの福利厚生に力を入れる保育園が増えつつあります。保育園が整備している住宅に関する補助を利用することで、家賃負担を大幅に軽減することが可能です。

熊本県で募集されている保育士の求人の中で、「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数は、下記のとおりとなっています。なお、下記のデータは「マイナビ保育士」の求人情報を基としたものです。

熊本県における保育士の求人状況
全求人数 27件
「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数 約2件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

熊本県で募集されている求人の中で、家賃補助・社宅制度・住宅手当のいずれかが用意されているものは、約2件と多くはありません。しかし、人口規模が都市部より少ない熊本県では保育士求人自体が多くないため、全体に占める住宅補助のある求人の割合は、平均的なものと言えるでしょう。

また、熊本県の保育士求人には、下記のような特徴があります。

●賞与が高い保育園がある
熊本県では、賞与の金額が高めの保育園が多く見られます。労働条件の中でも、特に収入を重視する場合は、給与の金額だけではなく、賞与にも注目する必要があります。全国平均と比べて熊本県は、賞与の金額が高めであるため、保育士の仕事で高収入を目指す人は、賞与の金額も十分に確認しておきましょう。

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

●マイカー通勤OKの保育園が多くある
マイカー通勤を許可・推奨している保育園が、熊本県では多い傾向です。保育園によっては、無料の駐車場を設置しているところや、ガソリン代を支給するところもあります。そのため、熊本県はマイカー通勤を希望する人には、有利な環境の地域です。

●小規模で子どもに向き合いやすい保育園が多い傾向にある
熊本県は小規模な保育園が多く、じっくり子どもと向き合える環境となっています。小規模の保育園では、保護者と保育士の距離が近いため、保育について保護者の協力を得やすい傾向にあります。しっかり子どもと向き合い、子どもの発達を支援したい人には、熊本県は向いた環境と言えます。

【保育士向け】熊本県が実施する家賃補助・社宅制度の支援策

熊本城

熊本県では、保育園による住宅支援だけではなく、行政による家賃補助や社宅支援制度も存在します。働きたい保育園で住宅に関する支援が存在しない場合は、行政の支援にも視野を広げてみましょう。

ここでは、熊本県内で実施されている保育士への住宅支援制度について、代表的なものを2つ紹介するため、ぜひ参考にしてください。

【阿蘇市】保育士のための宿舎借上げ支援事業

熊本県の東北部に位置する阿蘇市では、「保育士のための宿舎借上げ支援事業」が存在します。保育士のための宿舎借上げ支援事業は、阿蘇市内で保育園を経営する法人が借上げた宿舎に、勤務している保育士が入居する場合に経費を助成する事業です。直接的に保育士に対して金銭を給付する制度ではありませんが、保育園への支援を通じて、保育士の家賃負担を軽減する事業となっています。

宿舎の家賃は保育園を経営する法人が負担するため、原則入居する保育士には負担がありません。ただし、勤務する保育園によっては、自己負担が設けられている場合もあります。

対象者 下記の条件を満たす保育士

・常勤の保育士
・雇用開始から5年目の会計年度末までの保育士
・住宅手当などの家賃補助を法人から受けていない保育士
・補助事業者に新規採用された保育士
対象経費 宿舎の借上げに要する賃借料・共益費・礼金・更新料
※敷金は対象外
対象物件 法人が借上げた阿蘇市内の物件
助成期間 対象の保育士が、雇用開始から5年を経過する会計年度末まで

(出典:阿蘇市「保育士のための宿舎借上げ支援事業(法人向け補助事業)」/ http://www.city.aso.kumamoto.jp/citizens/health_medical_welfare/insurance_of_children/childminder_rent_support/

なお、本事業を利用していない保育園で勤務する場合や、公立保育園に勤める場合は、対象外となります。

保育士就職準備金貸付事業

熊本県では、就職を予定している保育士を経済的に支援する「保育士就職準備金貸付事業」が導入されています。保育士就職準備金貸付事業は、家賃補助・住宅支援を目的としたものではありませんが、就職時の引っ越しなどに要する費用を支援する事業です。本事業は、貸付事業であるため、準備金は返還する必要があります。しかし、一定の要件を満たせば、借り入れた準備金は、返還免除となります。

対象者 下記の条件を満たす保育士
・熊本県内で週20時間以上勤務する保育士
・2年以上継続して勤務する意思を持つ保育士
・過去に保育士修学資金貸付などを受けていない保育士
・保育施設を離職してから3ヶ月以上経過した保育士、または保育士登録から3ヶ月以上経過し勤務経験のない保育士
貸付金額 40万円以内(1回限り)
返還免除の要件 熊本県内の保育園などで、2年以上継続して保育士の業務に従事した場合

(出典:熊本県社会福祉協議会「保育士就職準備金貸付事業」/ http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/one_html3/pub/default.asp?c_id=124&id=124&q=%95%DB%88%E7%8Em&Search=ON&radiobutton=4&now_P=1&show_num=20&type=search&sc_id=9

本事業は2021年6月時点でも募集されており、募集期限は2022年2月28日(当日消印有効)までとなっています。本事業の利用を希望している人は、公式サイトの記載を確認した上で、募集期限までに申請しましょう。

【市区町村別】熊本県の保育士求人状況と家賃相場

熊本県で住宅費用を抑えながら、保育士として働くためには、家賃相場の低いエリアを選択することがおすすめです。熊本県で保育士への就職・転職を目指す場合は、求人情報と同時にエリアの家賃相場も確認しておきましょう。

下記のデータは、熊本県で保育士求人が多いエリアの求人数と家賃相場を示したものです。家賃相場は不動産ポータルサイトの掲載情報を基にした推計値、保育士求人数は「マイナビ保育士」の掲載数となっています。

1K/1DKの家賃相場 保育士求人数(※)
熊本市 約3.5万~4.8万円 16件
阿蘇市 約3.5万~5万円 4件
宇土市 約3.9万~4.5万円 4件
山鹿市 約3.9万~4.6万円 2件
荒尾市 約2.7万~4.5万円 1件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

熊本県内における1K/1DKの家賃相場を見ると、エリアごとの差は大きくありません。全体的な傾向として、3万円台から4万円台となっています。ただし、荒尾市のように他に比べて、低いエリアも存在します。

保育士の求人数に注目すると、県庁所在地の熊本市が突出しています。また、熊本市は他のエリアに比べて家賃相場は平均的です。幅広い選択肢から求人を探しつつ、住宅費用が過大となることを避けたい場合は、熊本市を中心に保育士の仕事を探すことをおすすめします。

熊本県では、交通費支給や車通勤可の保育園が多いため、自宅から少し離れたエリアで保育園求人を探すことも可能です。エリアを意識しつつも、自分の働きたい条件を重視して求人を探しましょう。

まとめ

熊本県では数は多くありませんが、「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」とする保育士求人が存在します。熊本県で募集されている求人の全体的な特徴としては、マイカー通勤を認めている保育園や賞与の金額が高い保育園が、多い傾向にあります。

また、保育園の施策ではなく、行政による取り組みとして、保育士の住宅費用を支援する事業が熊本県内には存在します。熊本県で住宅費用を抑えつつ保育士として働きたい人は、行政の支援事業を積極的に活用しましょう。

※当記事は2021年6月現在の情報を基に作成しています

熊本県の保育士求人情報はこちら