202108_aomori-auxiliary.jpg

本州の最北端に位置する青森県は、太平洋・日本海・津軽海峡と3つの海に囲まれた県です。県内は奥羽山脈によって二分され、同じ青森県内であっても、地域によって気候・積雪量などが大きく異なる点も特徴となります。

そんな青森県は、「のびのびあおもり子育てプラン」を策定するなど、保育環境の整備に力を入れている自治体でもあります。

(出典:青森県「のびのびあおもり子育てプラン」/ https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/kodomo/jisedai_top.html

今回は、青森県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況や、保育士支援策について解説します。福利厚生が充実した職場で働きたい保育士や、Uターン・Iターンを検討している保育士は、ぜひ参考にしてください。

青森県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況

青森県での勤務を希望する保育士の方の中には、「家賃補助・社宅制度・住宅手当」などの福利厚生が充実した職場に就職・転職したい方も多いのではないでしょうか。

下記は、青森県における保育士の求人状況です。

青森県における保育士の求人状況
全求人数 13件
「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数 約5件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

青森県だけでなく、近隣の岩手県の保育士求人数は12件・秋田県も13件と、東北エリアの北部全体として求人数が少ない傾向です。一方で宮城県には241件の保育士求人があるため、幅広い選択肢から求人を探したい方は、宮城県での就職・転職も検討するとよいでしょう。

また青森県の保育士の求人で、「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」となっている施設には、以下の特徴があります。

●2021年6月時点では法人運営の保育施設のみとなっている
「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数は5件となっていますが、5件とも同じ事業所が運営する求人であり、県内で複数の院内保育園を運営する法人(株式会社)でした。(家賃補助0件・社宅制度0件・住宅手当5件)

また全国的に見ても、法人運営の場合は福利厚生が充実している傾向です。そのため、就職・転職に際して「福利厚生の充実度」が重要な場合は、青森県以外も含め、法人運営の保育施設を中心に探すとよいでしょう。

●住宅手当が全国平均を上回る場合がある
厚生労働省によれば、令和元年度における住宅手当の相場は17,800円です。

(出典:厚生労働省「令和2年就労条件総合調査 結果の概況」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/20/index.html

一方で、青森県で見られた住宅手当を支給する保育士求人は、諸規定があるものの月額80,000円を支給しています。一般的に地方では平均給与・賞与・手当額などが下がる傾向にありますが、このように平均値を超える場合もあるため、就職先を探す際は様々な求人を比較して検討することが大切です。

【保育士向け】青森県が実施する家賃補助・社宅制度の支援策

風景

青森県では、複数の保育士支援施策を行っています。制度を有効活用することで、保育士就職の際の転居費用や、賃貸物件の契約時に発生する仲介手数料などに補助金を充てることが可能です。

ここでは、青森県での就業を希望する保育士に向け、家賃など生活費の負担を軽減できるような各種支援策を紹介します。

市区町村が実施する支援制度の例

近年ではテレワーク推進などの影響もあり、各自治体での「移住支援制度」が充実しています。青森県の十和田市・三戸町へUターン・Iターンを行いたいと考える保育士の方は、以下の支援制度をぜひチェックしてみてください。

「保育士向けの家賃補助施策」というわけではないものの、引越し・住居購入などの費用に補助金を充てることができます。

市区町村 十和田市
制度名 十和田市移住・定住引っ越し支援事業
対象者 【下記全てを満たす方】

・令和3年4月1日~令和4年3月31日の間に青森県外から転入する
・40歳未満、もしくは子育て世帯(※)
・町内会に加入する
・本人の意思・理由により転入した場合(通学・転勤・出向は対象外)
・市区町村税に滞納がない
・十和田市暴力団排除条例に違反していない

※子育て世帯:妊婦、または18歳未満の子がいる世帯
補助金 ・転入時の引越し経費のうち3分の2
※上限:10万円
※同一の世帯につき1回のみ

(出典:十和田市「十和田市へ移住(転入)するかたの引っ越し費用を補助します」/ https://www.city.towada.lg.jp/kurashi/ijuu/ijuu/hikkoshihojo.html

市区町村 三戸町
制度名 三戸町移住定住促進事業補助金交付事業

(1)新築住宅取得費助成事業
(2)中古住宅取得費助成事業
対象者 (1)新築住宅取得費助成事業
・三戸町内に「新築住宅」を取得する方

(2)中古住宅取得費助成事業
・25万円以上の中古住宅の取得、もしくは増改築・リフォームをする方
・自己所有物件の増改築・リフォームを行う方
補助金 (1)新築住宅取得費助成事業
移住者:150万円
三戸町在住者:50万円
※町内事業者の施工の場合、移住者+25万円・三戸町在住者+12.5万円を加算
※移住者で、世帯に中学生以下の子どもがいる場合は、子ども1人につき25万円を加算(加算上限:75万円)

(2)中古住宅取得費助成事業
・中古住宅取得
移住者:上限75万円
三戸町在住者:上限30万円

・増改築・リフォーム
移住者:上限75万円
三戸町在住者:上限20万円

(出典:三戸市「三戸町移住定住促進事業補助金交付事業 住宅の購入に関する補助金」/ https://www.ondenya.jp/house/home_purchase_subsidy

十和田市にUターン・Iターンを検討している場合は引越し費用を、三戸町の場合は住宅購入・リフォームなどにかかる費用を軽減することが可能です。

上記に記した要綱以外にも細かい支給条件があるため、制度を利用したい方は、十和田市・三戸町の公式サイトで確認してみてください。

保育士就職準備金貸付

「保育士就職準備金貸付」は、保育士資格を持ちながら、保育士として勤務していない方を対象とした再就職支援制度です。就職準備金を家賃に充てることはできないものの、再就職時の転居費用・仲介手数料・礼金をはじめ、被服費・復職時の研修費用などに利用できます。

また下記の条件を満たせば、年齢・雇用形態・雇用期間などは一切問われないため、正社員だけでなくパートで働きたい方も応募可能です。

対象者 【下記全てを満たす方】

・青森県内に住民登録がある
・青森県内の保育所で、週20時間以上勤務する
・保育所・幼保連携型認定こども園・幼稚園など、青森県が指定した施設を離職している(もしくは勤務経験がない)
補助金 40万円以内
※1人1回限り
申請書の提出期限 就労開始日の前後2か月以内

(出典:福祉ネットあおもり「保育士就職準備金貸付・未就学児を持つ保育士の子ども預かり支援事業利用料金の一部貸付」/ http://aosyakyo.or.jp/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E5%B0%B1%E8%81%B7%E6%BA%96%E5%82%99%E9%87%91%E8%B2%B8%E4%BB%98/

青森県内の保育所で2年間継続して勤務した場合は、貸付金の返済が全額免除となります。

ただし「保育士就職準備金貸付」は、募集人数が30名程度となっているため注意が必要です。制度の利用を検討する潜在保育士の方は、なるべく早めに青森県社会福祉協議会へ確認・申請を行ってください。

【市区町村別】青森県の保育士求人状況と家賃相場

「住居費をなるべく抑えながら勤務したい」と考える方は、エリアごとの家賃相場を確認することが大切です。

以下は、青森県で保育士求人が多く見られる地域の、1K/1DKの家賃相場・保育士求人数を示したデータです。なお、1K/1DKの家賃相場は「住宅ポータルサイト」、保育士求人数は「マイナビ保育士」のデータを参考に算出しています。

1K/1DKの家賃相場 保育士求人数(※)
八戸市 約4.2万~5.1万円 6件
弘前市 約3.0万~4.1万円 4件
十和田市 約3.1万~3.9万円 1件

(※出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

青森県の中で保育士求人数が多い勤務地は、「八戸市」「弘前市」です。八戸市・弘前市に住む場合は、1K/1DKで約3万~5万円の家賃がかかると見込むとよいでしょう。

一方で、2021年6月時点では県庁所在地である「青森市」の保育士求人は見られない状況です。求人が見られない理由の一つとして、「青森市には保育所が比較的多くあり、定員に空きが見られる保育所も少なくない」という点が、考えられるでしょう。

(出典:青森市「令和3年度保育所等空き状況一覧」/ https://www.city.aomori.aomori.jp/kosodate-shien/2021aki.html

なおマイナビ保育士では、Webサイト上の求人情報に掲載していない「非公開求人」も取り扱っています。「八戸市・弘前市だけでなく、青森市でも求人を探したい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

青森県で保育士求人を探す際は、八戸市・弘前市などを中心に探すことがおすすめです。ただし保育士求人数が少ないため、「家賃補助・社宅制度・住宅手当」を行う事業所も少ない傾向となります。

よって、青森県で自分に合った保育施設を探したい場合は、非公開求人を保有する「転職エージェント」に相談することが大切です。マイナビ保育士では、青森県で勤務先を探したい保育士の方に向けて、求人の紹介・キャリア実現のサポートを行うため、ぜひお気軽にお問い合わせください。

※当記事は2021年6月現在の情報を基に作成しています