202108_toyama-auxiliary.jpg

富山県は、日本列島の中心・本州の中央北部にある北陸地方の都道府県です。富山湾に面し、立山連峰などの山岳地帯に囲まれていることから、海と山の両方の自然に親しむことができます。手つかずの日本の原風景に惹かれ、富山県に移住を検討する人も少なくありません。

保育士として富山県に移住・転職を考えている場合は、富山県にある保育園の家賃補助・社宅制度・住宅手当や、自治体の支援策をチェックするとよいでしょう。この記事では、富山県に特化して家賃補助に関する情報をまとめて説明します。

富山県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況

最近は、一般企業に限らず保育園でも家賃補助などの福利厚生が用意されています。他府県から富山県に移住する人だけでなく、もともと富山県に在住している人も、保育園の住宅支援制度を利用すれば、家賃負担を軽減することが可能です。

下記は、富山県で出されているすべての保育士求人数と、「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」とする保育士求人数を比較した表です。いずれも保育士に特化した求人サイト「マイナビ保育士」から算出しています。

富山県における保育士の求人状況
全求人数 54件
「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数 約9件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

富山県を勤務地とする保育士求人のうち、約16%が家賃補助・社宅制度・住宅手当のいずれかを設けています。数は多いとは言えませんが、家賃関係の福利厚生がない保育園はゼロではありません。「住宅費の負担を抑えたい」「住宅手当を利用したい」と考えている場合は、借り上げ社宅などの家賃補助がある求人に応募してみましょう。

富山県で「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」とする求人の特徴は、下記の2点が挙げられます。

●産休・育休を取得しやすい
富山県で家賃補助などがある保育士求人は、産前産後休業・育児休業などの制度が整っている傾向にあります。実際に産休・育休の取得実績がある保育園も存在し、復帰率も高いことから、富山県では子育てと仕事を両立したい人にとって魅力的な地域です。妊娠前は家賃補助などの手当を、産休・育休中は給付金を受け取れるため、出産前後で経済的に困る心配はないと言えるでしょう。

●年間休日が115日以上の保育園がある
家賃補助などを用意している保育士求人の中には、年間休日115日以上とする求人も存在します。年間休日115日以上が確保されている施設形態は、認定こども園に多い傾向です。保育士は休日日数が少ないというイメージを持つ人もいますが、「土日休み」あるいは「日祝休み」の保育園を選べば、休日日数を確保できます。そのため、「プライベートはゆっくりと過ごしたい」「ワークライフバランスを重視したい」という人に富山県は適しているでしょう。

【保育士向け】富山県が実施する家賃補助・社宅制度の支援策

風景

保育士に向けた家賃補助には、保育園の待遇だけでなく、自治体が実施している支援策も挙げられます。希望する保育園に住宅手当に関係する福利厚生がない場合は、自治体の支援策をチェックしてみましょう。

ここからは、富山県による潜在保育士就職準備金貸与と、富山市によるまちなか住宅家賃助成事業について詳しく説明します。

潜在保育士就職準備金貸与

潜在保育士就職準備金貸与とは、保育士資格を持っていながらも就労していない人に向けて、就職に必要な資金を貸してくれる制度です。潜在保育士の就労促進を目的としており、貸し付けられた就職準備金は幅広い用途に使うことができます。家賃補助に直接関係する制度ではありませんが、新しく就職するにあたり転居が必要となった場合に就職準備金を活用することが可能です。

潜在保育士就職準備金貸与の詳しい概要は、下記の通りとなっています。

対象者 下記のすべてを満たす人
・富山県に住民登録がある人
・保育士登録から1年以上経過している人
・1年以上保育士として働いていない、もしくは勤務経験がない人
・富山県内の保育所に週20時間以上で働き始める人
補助金 20万円以内
利子 無利子
返還免除の条件 富山県内の保育所などに2年間勤務する
返還が必要な条件 ・富山県内で保育業務に従事する意思がなくなった
・富山県内で2年間保育業務に従事しなかった

(出典:富山県「保育士確保対策事業について」/ https://www.pref.toyama.jp/1201/kurashi/kenkou/fukushi/kj00013193.html

潜在保育士就職準備金貸与は、1回しか利用できないことが注意点です。しかし、転居にかかる費用のほか、子どもの預け先を探す活動費や保育に関する講習参加費、参考図書の購入費など、さまざまな用途に就職準備金を充てることができます。そのため、「富山県でもう一度働きたいが金銭的に難しい」という場合は、潜在保育士就職準備金貸与に申し込み、再就職にかかる経済的な負担を和らげるとよいでしょう。

【富山市】まちなか住宅家賃助成事業

まちなか住宅家賃助成事業は、別の場所から富山市に転入した人に家賃を助成する制度です。富山県外から移り住む人はもちろん、富山市が指定する区域外からの転入であれば、富山県に在住している人も利用できます。

まちなか住宅家賃助成事業の詳しい概要は、下記の通りとなっています。

対象者 下記のすべてを満たす人

・富山市指定の区域内に賃貸物件の住所がある
・転居前の住所が富山市指定の区域外である
・賃貸借契約が本人の名義になっている
・世帯の月額の所得合計が44.5万円以下である
補助金 勤務先から支給される住宅手当の控除額と、1万円を比較して少ないほうの金額
補助期間 賃貸借契約期間の初日もしくは住民票の異動年月日の遅いほうの日の翌月から3年間

(出典:富山市「まちなか住宅家賃助成事業」/ https://www.city.toyama.toyama.jp/katsuryokutoshisouzoubu/kyojutaisakuka/kyujyuu-yuudou/matinaka-kyojyuu/machinakayachinjosei.html

市営住宅や県営住宅、公的賃貸住宅、社宅などに住んでいる場合は、まちなか住宅家賃助成事業の対象外です。また、まちなか住宅家賃助成事業の対象者であっても、家賃助成を3年間にわたり受けるためには、6か月に一度のペースで申請する必要があります。とはいえ、まちなか住宅家賃助成事業は、要件がそれほど多くなく、比較的利用しやすいことが特徴です。そのため、保育士として転職するにあたり富山市に引っ越す場合は、まちなか住宅家賃助成事業の利用を検討しましょう。

【市区町村別】富山県の保育士求人状況と家賃相場

富山県で保育士として働きながら住居費の負担を抑えるためには、家賃相場の低いエリアに住むことも方法のひとつです。家賃相場が自分の予算と見合うかどうかだけでなく、希望するエリアで保育士の採用が十分に行われているかもチェックしましょう。

下記は、富山県内における1K/1DKの家賃相場と保育士求人数を比較した表です。家賃相場のデータは不動産のポータルサイトを参照した推測値、保育士求人数はマイナビ保育士を検索して出した数字となっています。

1K/1DKの家賃相場 保育士求人数(※)
富山市 約4.1万~5.2万円 27件
射水市 約3.8万~5万円 10件
高岡市 約3.6万~5万円 8件
中新川郡立山町 約3.5万~3.9万円 3件
南砺市 約3.3万~4.2万円 2件

(※出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

富山県内で家賃相場が低いエリアは、中新川郡立山町や南砺市です。家賃を3~4万円台に抑えることで、高給でなくても十分に暮らせる可能性があります。しかし、家賃相場は低いものの、中新川郡立山町や南砺市から出されている保育士求人数は数件です。

家賃を抑えつつ複数の中から求人を選びたい場合は、射水市や高岡市の求人内容をチェックするとよいでしょう。いずれも家賃相場は4万弱~5万円以内であり、複数の選択肢から求人情報を探すことができます。

自分に合う保育園を厳選したいのであれば、保育士の募集が多い富山市に検索条件を絞り込んでみてください。富山市は、上記の表で挙げた市町村の中でもっとも求人数が多い地域です。雇用形態の種類もさまざまであり、正社員や契約社員、パート、アルバイトなどがあります。「家賃補助・社宅制度・住宅手当があるか」「休日数が多いか」「給与アップできるか」など、さまざまな観点から自分の希望する働き方ができる保育園を見つけられるでしょう。

まとめ

富山県において「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」とする求人は、住宅関連の福利厚生が手厚いだけでなく、育休・産休が取得しやすく休日日数が多いことが特徴です。そのため、富山県であれば金銭的な負担を軽減しながら、充実した休日を過ごせるでしょう。

また、潜在保育士の就職準備費用を負担する制度や、富山市に移り住んだ人の家賃を助成する制度もあります。富山市の中から希望条件に合う求人を見つけることが難しい場合は、ほかのエリアの保育士求人に目を向け、自治体の支援策をうまく活用するとよいでしょう。

※当記事は2021年6月現在の情報を基に作成しています