202110_tottori-auxiliary.jpg

鳥取県は、中国地方の北東部に位置する都道府県です。北部一帯が日本海に面しており、漁業が盛んなことが特徴です。

鳥取県は全国で最も人口が少なく、保育業界では家賃関係の福利厚生を用意して人材確保を進めています。保育士に転職しようと考えている人は、給与以外に家賃補助など住まいに関わる手当の有無、鳥取県が実施している保育士向けの支援制度をチェックすることが大切です。

この記事では、鳥取県で住まいに関する手当を用意している保育士求人数や、鳥取県が実施している保育士向けの支援制度を紹介します。

鳥取県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況

近年は、保育士を確保するために、家賃補助・社宅制度・住宅手当を支給する保育所が増えています。住まいに関する手当のある保育所に転職できれば、家賃にかかる負担を軽減しながら、保育士として働くことができます。

下記は、「マイナビ保育士」に掲載されている鳥取県の保育士求人数と、「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数をまとめた表です。

鳥取県における保育士の求人状況
全求人数 21件
「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数 約3件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

鳥取県には、家賃補助・社宅制度・住宅手当がある保育士求人は、少ない傾向です。しかし、住まいに関する手当を用意している保育所はゼロではありません。今後、鳥取県では一人でも多くの保育士を確保するために、家賃補助・社宅制度・住宅手当を採用する保育所が増える可能性はあります。

ここからは、鳥取県で家賃補助・社宅制度・住宅手当がある保育士求人の特徴を紹介します。

●海外研修制度ありの求人がある
鳥取県では、海外研修制度を用意している保育士求人があります。海外研修では、普段の実務では得られない刺激を得たり、今までとは違った視点で保育を学んだりすることができます。そのため、スキルアップ・キャリアアップを図りたい人に海外研修制度ありの保育士求人は適しているでしょう。

●年間休日が123日の求人がある
住まいに関する手当を用意している保育士求人のなかには、年間休日123日とする求人もあります。基本的に土曜は出勤となるものの、日曜・祝日を休みに定めているため、ワークライフバランスを重視して働くことが可能です。また、出産・育児休暇や介護休暇など、長く勤めやすい休暇制度も整備されています。

【保育士向け】鳥取県が実施する家賃補助・社宅制度の支援策

風景

保育所が用意する住まいに関する手当以外には、鳥取県が独自で実施している保育士向けの家賃補助・社宅制度などがあります。住宅手当などを支給する保育士求人は多くありませんが、鳥取県が実施する家賃補助・社宅制度を活用することで、月々の家賃負担を抑えられるでしょう。

以下では、鳥取県が実施している家賃補助・社宅制度を2つ紹介します。

鳥取県保育士就職準備金貸付制度

「鳥取県保育士就職準備金貸付制度」は、潜在保育士に向けた取り組みであり、就職・復職する際にかかる費用を鳥取県社会福祉協議会が一部負担する制度です。貸付金は、就職する際にかかった転居費用や、賃貸物件を借り上げた際にかかる敷金・礼金などに充てることができます。

鳥取県保育士就職準備金貸付制度の概要は、下記のとおりです。

対象者 下記の条件をすべて満たす潜在保育士
・保育所、幼稚園、認定こども園などに新たに週20時間以上勤務する人
・復職して6か月以内に、すべての必要書類を「鳥取県社会福祉協議会」に提出できる人
・今までに保育士修学資金の貸付を受けてない人
補助金 40万円以内
貸付利子 無利子
返済免除要件 鳥取県内の保育所などで、児童保護に関する業務に2年以上継続して従事したとき

(出典:鳥取県社会福祉協議会「【貸付事業】鳥取県保育士就職準備金・保育料貸付制度のご案内」/ http://www.tottori-wel.or.jp/p/hukushi/3/

鳥取県保育士就職準備金貸付制度では、最大で40万円を貸し付けてもらえます。週20時間以上勤務することが条件として挙げられていますが、週5日4時間出勤で条件を満たせます。そのため、正社員やパートなどの雇用形態に関係なく、保育士として新たに働き始める人は、鳥取県保育士就職準備金貸付制度に応募可能です。

ただし、今までに保育士修学資金貸付の就職準備金加算を受けている場合は、鳥取県保育士就職準備金貸付制度を利用できない点に注意してください。

県営住宅

鳥取県が用意する県営住宅は、鳥取県内に在住する人を対象にした住宅支援制度です。保育士のみに向けた制度ではありませんが、入居条件を満たしていれば月々2万~4万円程度の家賃で入居できます。

下記は、鳥取県の県営住宅の入居条件をまとめた表です。

対象者 下記に該当する島根県民
・収入基準を満たしている
(月額の手取り額が15.8万円以下の世帯)
・生活を送る住居を保有していない
(申込者ならびに同居者に持ち家がある場合は不可)
・入居者もしくは同居者が暴力団員ではない
家賃 約2万~約4万円
必要書類
(一人暮らしの場合)
・県営住宅入居申込書
・住民票
・所得課税証明書
・現在の入居住宅の状況が確認できる書類
・誓約書
・単身入居の入居者資格認定のための申立書
・戸籍謄本

(出典:鳥取県「鳥取県営住宅情報-県住ねっと」/ https://www.pref.tottori.lg.jp/kenjuu/

鳥取県の県営住宅は主に、鳥取市・倉吉市・境港市・米子市にあります。収入基準は月額の手取り額が15.8万円以下となっており、年収約200万円台前半の人であれば収入基準を満たせるでしょう。

県営住宅の入居者は随時募集されていますが、入居できる住居の種類は時期によってさまざまです。また、月末になると当月分の県営住宅の募集が終了していることがあります。そのため、県営住宅を利用したい人は、鳥取県の公式サイトで入居者の募集状況を定期的に確認することがおすすめです。

【市区町村別】鳥取県の保育士求人状況と家賃相場

鳥取県で家賃負担を抑えながら保育士として働きたい人は、家賃相場の低いエリアを選ぶことが大切です。エリアによっては「家賃相場は低いものの保育士求人が少ない」という場合があるため、住みたいエリアに保育士求人が出されているのかも確認しましょう。

下記は、鳥取県におけるエリア別の1K/1DKの家賃相場と、保育士求人数をまとめた表です。家賃相場は不動産サイトに掲載されている家賃相場の推計値、保育士求人数は「マイナビ保育士」に掲載されている求人数を算出した数値です。

1K/1DKの家賃相場 保育士求人数(※)
鳥取市 約2万~5.2万円 6件
米子市 約2.5万~5.2万円 12件
境港市 約2.4万~5.3万円 3件

(※出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

鳥取県の1K/1DKの家賃相場は、エリアごとで大きな開きはありません。そのため、鳥取県で居住エリアを重要視する人は、西部在住の場合は米子市・境港市を中心に、東部在住の場合は鳥取市を中心に保育士求人を探すことをおすすめします。

鳥取県で求人数が最も多い場所は米子市です。鳥取県内であればエリアを問わず転職できる人は、米子市を中心に保育士求人を探すとよいでしょう。県外から鳥取県にUターン・Iターンを希望する人は、県庁所在地である鳥取市の保育士求人を中心に探してみましょう。鳥取市は鳥取県のなかで最も空港・鉄道などの交通網が発達しており、お盆・正月などに里帰りしやすいエリアです。

「マイナビ保育士」では、上記で挙げた求人だけでなく非公開求人も多く取り扱っています。求職者様の転職状況をキャリアアドバイザーがヒアリングのもと、最適な保育士求人を提案するため、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

鳥取県では、家賃手当など住まいに関する手当を用意している保育士求人が少ない傾向です。しかし、全国で保育士不足が問題視されていることから、今後は住まいに関する手当を用意する保育士求人が鳥取県でも増える可能性はあります。

鳥取県では「鳥取県保育士就職準備金貸付制度」など、保育士に向けた支援制度が実施されています。また、主要エリアの鳥取市・倉吉市・境港市・米子市には多くの県営住宅があるため、入居条件を満たせば家賃を抑えて生活を送ることが可能です。

鳥取県で転職を考えている人は、住まいに関する手当を用意した保育士求人を探すほか、鳥取県が実施している保育士向けの支援制度などを上手く活用することが大切です。

※当記事は2021年8月現在の情報をもとに作成しています

鳥取県の保育士求人情報はこちら