202112_iwate-auxiliary.jpg

近年は、人材を確保する取り組みとして、家賃補助・社宅制度・住宅手当を福利厚生として採用する企業が増えています。保育業界も例外ではなく、実際に岩手県の保育士求人にも、住宅に関する手当を採用する保育施設が見られます。

この記事では、「家賃補助・社宅制度・住宅手当」を採用している岩手県の保育士求人状況、岩手県で実施されている保育士向けの支援制度を紹介します。市区町村別の家賃相場と保育士求人状況も解説するため、保育士として岩手県で働きたい人は、ぜひ参考にしてください。

岩手県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の保育士求人状況

2019年に厚生労働省が発表した「就労条件総合調査」では、住宅手当などを支給する企業は47.2%あり、約2社に1社が住宅に関する手当を従業員に支給している状況です。2015年は45.8%だったことから、住宅に関する手当を支給する企業は増加傾向にあります。

(出典:厚生労働省「令和2年就労条件総合調査結果の概況」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/20/index.html

下記は、岩手県における保育士求人数、家賃補助・社宅制度・住宅手当のいずれかを採用している求人数をまとめた表です。

岩手県における保育士の求人状況
全求人数 11件
「家賃補助・社宅制度・住宅手当あり」の求人数 約1件

(出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

岩手県では、認可保育所・認定こども園から出された保育士求人が大半を占めます。雇用形態別で見ると正社員向けが9件、非常勤・パート向けが2件となっており、岩手県では長期間勤められる保育士が求められている状況です。

ここでは、住宅に関する手当を採用している保育士求人の特徴を紹介します。

●住宅手当以外の手当も充実している
住宅手当を採用している求人では、「通勤手当」「家族手当」「資格手当」などの手当も充実している傾向です。ただし、資格手当は「幼稚園教諭免許1種」に対して支払われ、「保育士資格」保有者の場合は適用外になることがある点に注意してください。合算した手当の金額が4万円以上になることもあり、住む物件によっては手当額のみで家賃をまかなえるでしょう。

●4か月分の賞与を支給した実績がある
住宅手当のある保育士求人では、4か月分の賞与を支給した実績があります。「マイナビ保育士」に掲載されている、岩手県の保育士求人の賞与の相場は2か月前後です。そのため、4か月分の賞与が得られる施設に就職・転職できると、年収アップが期待できます。「住宅手当あり」「賞与4か月分支給実績あり」など、待遇面が充実した保育士求人は人気があるため、希望条件に該当している場合は、早めに応募することをおすすめします。

【保育士向け】岩手県が実施する家賃補助・社宅制度の支援策

風景

岩手県には、県や市が実施する保育士向けの支援制度がいくつかあります。そのため、住宅に関する手当がない保育施設に就職・転職した場合であっても、岩手県が実施する制度を活用すれば、月々の家賃負担を軽減させることが可能です。

ここでは、岩手県と花巻市で実施されている保育士向けの支援制度を紹介します。

保育士就職準備金貸付制度

岩手県社会福祉協議会が実施する「保育士就職準備金貸付制度」は、潜在保育士が再就職する際にかかる費用を補助する制度です。下記は、保育士就職準備金貸付制度の概要をまとめた表です。

対象者 下記の募集条件をすべて満たす潜在保育士
(1)岩手県が指定する保育施設を離職している人、もしくは勤務経験のない人
(2)岩手県が指定する保育施設に週20時間以上勤務する人
(3)保育士修学資金貸付の準備金の加算を受けたことがない人
貸付金 40万円以内
貸付利子 無利子
返済免除要件 対象者の(2)を維持した状態で、2年以上保育施設に従事したとき

(出典:岩手県社会福祉協議会「保育士修学資金等貸付制度のご案内」/ http://www.iwate-shakyo.or.jp/docs/2016122100038/

岩手県が指定する保育施設とは、「保育所」「幼稚園」「幼保連携型認定こども園」「 小規模保育事業」「事業所内保育事業」などのことです。

保育士就職準備金貸付制度の貸付金は、被服費・通勤用の自転車の購入費など、再就職する際にかかる費用に使用することができます。また、転居を伴う場合の引っ越し費用、アパートの借り上げに必要な礼金・仲介手数料に充てることも可能です。

また、保育士として岩手県で2年以上働く場合は、貸付金の返済が免除されるため、少ない負担で再就職できます。

保育士就職準備金貸付制度の受付は随時行われていますが、就職してから申請までに期間が空いた場合は、貸付対象外になる恐れがあります。同制度の詳細は、岩手県社会福祉協議会のホームページを参考にしてください。

【花巻市】保育士家賃補助

花巻市が実施する「保育士家賃補助」は、私立認可保育施設に勤める、採用から3年以内の保育士を対象とした制度です。また、花巻市では同制度以外に「花巻市保育士等復職支援者登録」「保育士等再就職支援金貸付」「保育士奨学金返済支援補助」「保育士保育量の減免・補助」も実施しています。

下記は、保育士家賃補助の概要をまとめた表です。

対象者 下記の募集条件をすべて満たす保育士
(1)花巻市の私立認定保育施設に1日あたり6時間以上かつ1か月あたり20時間以上保育業務に従事する人
(2)花巻市に住民登録している人
(3)本人名義で契約している賃貸物件に住んでいる人
(4)単身世帯、もしくはひとり親で19歳未満の子どもと同居している人
(5)新卒や中途採用問わず、2024年3月1日までに雇用され、雇用後3年以内の人
補助金 3年間で最大51.6万円

【例】
家賃4万円で勤務先に住宅手当がない場合
1年目:4万円(家賃)×2分の1×12か月=24万円
2年目:4万円(家賃)×3分の1×12か月=15万6千円
3年目:4万円(家賃)×4分の1×12か月=12万円
合計:24万円+15万6千円+12万円=51.6万円
※家賃が4万円以上の場合は4万円が上限
申請場所 勤務先の保育施設を通して花巻市に申請

(出典:花巻市「保育士応援事業その3「保育士家賃補助」」/ https://www.city.hanamaki.iwate.jp/kosodate_kyoiku/kosodateshien/hoikushi/1008701.html

花巻市の保育士家賃補助は、3年間で最大51.6万円の補助金が交付される制度です。全国的に見ても家賃に関する補助金を支給する自治体は少なく、花巻市は保育士の確保を重点的に進めていることがわかります。

ただし、保育士家賃補助は認可外保育施設に勤める保育士には適用されません。同制度を受けたい場合は、私立認可保育施設の求人を探すことをおすすめします。

保育士家賃補助の申請場所は花巻市役所ではなく、勤務先の保育施設です。申請する際は、園長や主任に手続き方法を確認しましょう。

【市区町村別】岩手県の保育士求人状況と家賃相場

岩手県では、市区町村によって家賃相場や保育士求人数は異なります。下記は、岩手県の市区町村別の家賃相場と保育士求人数をまとめた表です。

1K/1DKの家賃相場 保育士求人数(※)
盛岡市 約3.5万~5.2万円 3件
北上市 約3万~4.5万円 3件
紫波郡紫波町 約3万~4.2万円 2件
紫波郡矢巾町 約3.8万~5.2万円 1件
上閉伊郡大槌町 約3.9万~5.1万円 2件

(※出典:マイナビ保育士/ https://hoiku.mynavi.jp/

岩手県には、盛岡市と北上市に保育士求人が3件ずつあります。残りの保育士求人は、紫波郡紫波町・上閉伊郡大槌町に2件ずつ、紫波郡矢巾町に1件あります。保育士求人は岩手県中心部に多く、南部や北部では保育士求人を探しにくい傾向です。

保育士求人がある市区町村の1K/1DKの家賃相場は、3万~5.2万円程度となっています。紫波郡矢巾町と盛岡市の家賃相場は同水準であり、給与水準にも大きな差は見られません。マイナビ保育士に掲載されている2か所の月収相場は18万円程度であるため、家賃が5万円以上の物件に住むことは現実的とはいえないでしょう。

北上市や紫波郡紫波町は、紫波郡矢巾町と盛岡市と比べて、月収相場が1万円程度下がります。一般的に家賃相場が低い市区町村は給与水準も下がる傾向にあるため、保育士求人を探す際は家賃相場と収入面を加味し、就職・転職先を選択しましょう。

まとめ

近年は、住宅に関する手当を支給する企業が増加傾向です。実際に、岩手県には住宅に関する手当を支給する保育施設があります。住宅に関する手当を支給する求人は、「住宅手当以外の手当も充実している」「4か月分の賞与を支給した実績がある」ことが特徴です。

また、保育士向けの支援制度として、岩手県では「保育士就職準備金貸付制度」を、花巻市では「保育士家賃補助」を実施しています。市区町村によって家賃相場・給与水準は違うため、岩手県で保育士求人を探す際は、家賃相場と月収を加味して就職・転職したい施設を選びましょう。

※当記事は2021年9月現在の情報を基に作成しています

岩手県の保育士求人情報はこちら