1_0907.jpg

幼稚園教諭一種免許状とは、幼稚園の教諭(正教員)として働くために必要な「幼稚園教諭免許状」の1つです。幼稚園教諭一種免許状を取得するには、幼稚園教諭養成課程がある4年制大学で学ぶことが必要です。幼稚園教諭免許状は、ほかにも「二種免許」「専修免許」などの種類があるため、それぞれの違いも把握しましょう。

当記事では、幼稚園教諭免許状の種類や一種免許と二種免許の違い、二種免許から一種免許への切り替え有無について解説します。幼稚園教諭免許状の取得を考えている方は、ぜひご覧ください。

幼稚園教諭一種免許状とは

幼稚園教諭一種免許状とは、幼稚園の教諭(正教員)として働くために必要な資格の1つです。

そもそも幼稚園教諭は学校教育法を根拠とする資格で、幼稚園教諭の資格を保持していなければ幼稚園の教諭として働けません。幼稚園教諭になるには「幼稚園教諭免許状」が必要であり、幼稚園教諭一種免許状は幼稚園教諭免許状の1つの種類です。

幼稚園教諭免許状には他の種類もあり、取得方法や将来性などの点で違いがあります。

幼稚園教諭免許状の種類

幼稚園教諭免許状の種類は、「一種免許」「二種免許」「専修免許」の3つです。下記の表は、それぞれの幼稚園教諭免許状について、主な取得先を簡潔にまとめたものです。

免許の種類 取得先
幼稚園教諭一種免許状 4年制大学
幼稚園教諭二種免許状 短期大学や専門学校(通信課程を含む)
幼稚園教諭専修免許状 大学院

幼稚園教諭一種免許状を取得するには、4年制大学および短期大学専攻科(大学と同程度の教育を受けられる短大)を卒業することによって取得できます。

対して、幼稚園教諭二種免許状は短期大学や専門学校などへの通学で取得できます。通信課程も認められており、通学に時間を割きにくい社会人の方に向いている資格です。

幼稚園教諭専修免許状は大学院修士課程を修了する必要があり、幼稚園教諭一種免許状・二種免許状よりも取得条件が厳しい上位資格と言えるでしょう。

なお、いずれの幼稚園教諭免許状も、取得するには幼稚園教諭養成課程を選択した上で、所定科目の履修が条件となっています。幼稚園教諭養成課程のない大学や短期大学などに通学しても、幼稚園教諭免許状の取得条件は満たせない点に注意してください。

文部科学省では、幼稚園教諭の免許が取得できる大学・短期大学を紹介しています。幼稚園教諭免許状の取得を目指す方は、文部科学省のページで幼稚園教諭養成課程がある大学・短期大学を探しましょう。

(出典:文部科学省「令和4年4月1日現在の教員免許状を取得できる大学」/ https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/daigaku/1286948.htm

幼稚園教諭一種免許状と二種免許状の違い

幼稚園教諭一種免許状を取得した場合と、幼稚園教諭二種免許状を取得した場合とでは、採用後の仕事内容に大きな違いはありません。どちらの資格を取得しても、採用後には幼稚園教育要領にもとづく子どもの指導や健康チェック、保護者対応といった仕事内容を担当します。
幼稚園教諭一種免許状と幼稚園教諭二種免許状の違いは、免許状取得までにかかる修業年限や将来性、採用後の待遇・給料などです。
以下では、幼稚園教諭一種免許状と幼稚園教諭二種免許状の違いをより詳しく解説します。

修業年限の違い

幼稚園教諭一種免許状と幼稚園教諭二種免許状を取得する際の大きな違いが「修業年限」です。修業年限とは、学校の卒業に必要とされる標準的な学習期間を意味します。
幼稚園教諭一種免許状と幼稚園教諭二種免許状では、下記の通りに修業年限の違いがあります。

一種(学士) 二種(短期大学士)
修業年限 4年 2年
卒業要件単位 124単位 62単位

(引用:文部科学省「幼稚園教諭免許状と保育士資格に関する資格要件の比較」/ https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/094/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2012/11/13/1327832_11.pdf 引用日2023/07/14)

幼稚園教諭一種免許状の取得は4年制大学での修業が条件であり、修業年限は4年と定められています。
対して、幼稚園教諭二種免許状は短期大学や専門学校で取得可能であり、修業年限は2年です。幼稚園教諭一種免許状の取得に必要とされる修業年限と比べて、幼稚園教諭二種免許状の修業年限は半分であり、卒業要件単位も半分で済みます。
また、幼稚園教諭二種免許状は早ければ20歳で取得可能です。22歳の大卒で幼稚園教諭一種免許状を取得するよりも、幼稚園教諭二種免許状のほうが早く実務経歴を作れるメリットがあります。

将来的に就ける役職の違い

幼稚園教諭の資格取得を目指していて、将来のキャリアとして幼稚園の園長先生を定めている方は多いでしょう。幼稚園教諭一種免許状と幼稚園教諭二種免許状の違いは、将来的に幼稚園の園長先生になれるかにも影響します。
幼稚園の園長先生に就けるのは、幼稚園教諭一種免許状もしくは幼稚園教諭専修免許状を取得した方だけです。公立幼稚園・私立幼稚園のどちらであっても、幼稚園教諭二種免許状だけでは幼稚園の園長先生になれません。
「将来的に幼稚園の園長先生になりたい」と考えている方は、幼稚園教諭一種免許状を取得したほうがよいでしょう。

待遇や給料の違い

勤務する幼稚園によっては、幼稚園教諭一種免許状と幼稚園教諭二種免許状では待遇や給料に差が生じる場合があります。
一般的には、幼稚園教諭一種免許状を取得した方のほうが、幼稚園教諭二種免許状を取得した方よりも給料が高い傾向です。待遇面や給料の条件がよい職場で働きたい場合は、幼稚園教諭一種免許状の取得が向いています。
ただし、幼稚園教諭二種免許状を取得した方のほうがより早く勤続年数を積めるため、昇給を狙いやすい側面もあります。同じ年齢での給料を比較した場合、幼稚園教諭一種免許状を取得した方よりも、幼稚園教諭二種免許状を取得した方のほうが昇給分だけ給料が高いケースもあるでしょう。

幼稚園教諭二種免許から一種免許へは切り替えられる?

幼稚園教諭一種免許状の取得には、「将来的に幼稚園の園長先生を目指せる」「待遇や給料がよい職場が多い」といったメリットがあります。幼稚園教諭一種免許状の取得者のみを採用する方針の園もあり、就職・転職先の選択肢を広げられる点も一種免許状ならではの強みです。
幼稚園教諭二種免許状を取得した方の中には、「メリットが多い一種免許状のほうを取得すればよかった」と考える方もいるでしょう。
幼稚園教諭二種免許状を取得した方も、所定の条件を満たすことで一種免許状に切り替えることが可能です。切り替えに必要な条件は下記の2点となっています。

    (1)幼稚園教諭として5年以上の実務経験を積む
    (2)自治体指定の養成機関が実施する「免許法認定講習・公開講座・通信教育」で、所定の単位を取得する

(2)の所定の単位は自治体ごとに定められているため、事前に自治体の情報を確認しましょう。一般的な必要単位数は、5年の実務経験であれば45単位です。

保育士資格がある方が活用できる幼保特例制度について

保育士資格がある方は幼保特例制度を活用することにより、幼稚園教諭一種免許状・二種免許状を少ない学習負担で取得できます。
そもそも幼保特例制度は、2015年の「幼保連携型認定こども園」創設に伴い設けられた制度です。幼稚園教諭・保育士両方の資格を持つ「保育教諭」という働き方への支援として、幼稚園教諭と保育士がもう片方の資格を取得しやすいように特例が定められています。
保育士が幼保特例制度を活用して幼稚園教諭免許状を取得する場合は、下記の要件を満たすことが必要です。
<保育士に対する幼稚園免許の特例(概要)>

免許状 基礎資格 保育士等としての実務経験 大学において修得することが必要な最低単位数
幼稚園教諭一種免許状 学士の学位を有すること及び保育士となる資格を有すること 3年かつ4,320時間以上 8単位(左記の実務経験に加え、幼保連携型認定こども園での保育教諭等としての2年かつ2,880時間以上の実務経験を有する場合は、6単位)
幼稚園教諭二種免許状 保育士となる資格を有すること

(引用:文部科学省「幼稚園教諭の普通免許状に係る所要資格の期限付き特例」/ https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/1339596.htm引用日2023/07/14)

保育士の方が実際に利用する際は、最初に勤務先で自分の在籍年数と勤務時間を確認しましょう。在籍年数が3年以上で、かつ勤務時間が4,320時間以上である方が、幼保特例制度を利用できる対象者です。幼稚園教諭一種免許状の取得を考えるのであれば、大学を卒業している必要もあります。
基礎資格の保有と実務経験を満たした上で、幼稚園教諭の養成機関で最大8単位の教科目を修得します。単位修得後は各都道府県の教育委員会に幼保特例制度の申請を行い、教育職員検定を受検して、合格すれば幼稚園教諭免許状が授与される流れです。
なお、幼保特例制度は特例期間が定められており、2025年3月末までです。幼稚園教諭一種免許状・二種免許状を取得したい保育士の方は、早めの利用を検討しましょう。

まとめ

幼稚園教諭の免許は「一種免許」「二種免許」「専修免許」の3種類があり、一種免許は幼稚園教諭養成課程がある4年制大学や、短期大学専攻科を卒業すれば取得できます。一種免許と二種免許は採用後の仕事内容に大きな違いはありませんが、資格取得までにかかる修業年限や将来性、待遇・給料などに違いがあります。
幼稚園教諭二種免許状のみを取得している場合は、所定の条件を満たせば一種免許状に切り替え可能です。保育士資格がある方は、一種免許・二種免許を少ない学習負担で取得できる幼保特例制度を活用するのもよいでしょう。

※当記事は2023年8月時点の情報をもとに作成しています