保育士の志望動機の書き方

書き方・伝え方に悩む保育士さん必見!採用担当者に好印象を与える
「志望動機」はこう作る!

転職活動において、履歴書などの書類作りに手間取る人は意外に多いもの。中でも「志望動機」は、文章を作るのが難しい項目の一つです。絶対にやってはいけないNGポイントを回避しつつ、採用担当者に好印象を与える志望動機を考えてみましょう。

保育士さんの転職における志望動機とは?

会社応募書類とペン

そもそも志望動機とは、数ある保育園の中から「その園」で働きたい理由を伝えるための項目です。履歴書などの書類に記載した志望動機は、面接においても質問の中心になることが少なくありません。それだけに、その場しのぎの内容を書いてしまうと、面接でしどろもどろになってしまう可能性が高いのです。
その園で働きたい理由をいかに明確かつ具体的に表現できるかが、勝負の分かれ目だといえるでしょう。

なお、自己PRは志望動機と混同されがちな項目ですが、これは自身が考えるところの、仕事においての自身の長所や強みのことです。これまでに達成したことをアピールするのも、この項目になるでしょう。このように自己PRと志望動機は別個のものですが、両者に一貫性があるほうが採用担当者の納得感を得やすくなります。自己PRについても「このような強みがある→だからこの園で働きたい」という流れを作ることを意識してみましょう。

保育士さんが志望動機を書くときに注意したいポイント

人差し指を立てる女性

志望動機を書くときは、まずは全体の構成を考えることが大切です。基本的には「結論→説得力を持たせるための根拠」という順で文章にすることで、読みやすく、相手に伝わる文章となります。このことを踏まえた上で、志望動機を組み立てるときに考えるべき4つの項目について、書き方のポイントを押さえていきましょう。

1.志望先を選んだ理由 まずは志望している保育園がどんな特徴や魅力を持っているか、入念な下調べをすることが大切です。園のウェブサイトを中心に、どのような保育を実践しているかを確認し、分からない用語などがあれば調べておきます。ただし、園の特徴を述べるだけでは不十分。それに加えて、自分の意見をセットで伝えることが重要です。例えば、「少人数保育に力を入れている貴園で働きたい」だけでなく、「なぜ少人数保育に魅力を感じたのか」「少人数保育でどんなことを実現したいのか」まで書くようにしましょう。
2.志望先でやりたい/
できる業務内容
これまでの自分の経歴をベースに、志望園に入職したらどんな業務ができるかを、できるだけ具体的に伝えましょう。何歳児クラスを何年担当したのか、行事等ではどんな役割を担ってきたのかといった点を踏まえて、新たな職場でどのように活躍できるかをアピールするわけです。前職では経験したことのない業務を希望するときには、「〇〇の本を読んで勉強中です」など、すでに起こしているアクションでカバーすることを考えてみましょう。
3.転職しようと思った理由 中途入職の場合、前職を辞めた理由についても触れた上で、「だからこそ貴園に入りたい」とつなげるのが自然です。ただし、いくら事実だとしても、以前の職場の悪口や愚痴をストレートに伝えてはなりません。初対面の採用担当者からは「文句が多い人」に見えてしまい、自分の印象を悪化させるだけ。マイナスの転職理由であれば、できるだけポジティブな言葉に変換することが大切です。例えば、「人間関係が悪くて嫌だった」という理由なら、「尊敬できる上司や先輩のもとで、もっと保育士として成長したい」といった具合です。
4.保育士になった理由 ま志望動機を伝える上で、そもそも保育士になった動機を振り返って説明することも効果的です。「子どもが好きだから」といった一般的な内容でも、「なぜ好きなのか?」を語れる具体的なエピソードがあれば、十分に説得力のある内容にすることができます。当初の思いを実現できる場として志望園を選んだことが、文面から伝わるように書きましょう。
キャリアアドバイザーへのご相談はこちら!

これはダメ!志望動機のNGな書き方

不採用通知をもらって衝撃をうける女性

せっかく考えた志望動機も、内容によっては人事担当者からマイナスの評価を受けてしまうことがあります。ここでは、保育士さんが志望動機を作るとき、特に気を付けたい3つのNGポイントをご紹介します。

×NG1.どの園でも使い回せるような漠然とした内容に終始する

「保育理念に共感して」など、ありきたりの内容だけで志望動機を終わらせてしまうのはやめましょう。あなたならではの思いがまったく伝わらない上、「きちんと当園の下調べをしていないの?」と疑問を持たれてしまいます。「その他大勢」として埋もれてしまわないよう、個別性のある内容を心がけましょう。

×NG2.業務と直接関係のない、正直すぎる理由を書く

「待遇が良いので」「自宅から近いので」といった業務と直接的に関係のない内容は、特別な理由がない限り記載しなくてよいでしょう。その部分にばかり焦点を当ててしまうと、「仕事内容に興味があるわけではないのか」と誤解を受けかねず、熱意の足りない志望者だと思われてしまうかもしれません。

×NG3.「学びたい」「勉強させてほしい」ばかり繰り返す

上昇志向があることは大切ですが、「その上で園にどのような貢献ができるか」まで書く必要があります。「職場を学校と勘違いしている」「受け身な態度」と受け取られてしまうと、勉強熱心であることをアピールしたつもりが、かえってマイナスの評価を受けることもあり得ます。

汎用&パターン別志望動機サンプル 一部サンプルも下部にてご紹介!

新卒の志望動機・理由

私は親戚の中で一番の年長者だったため、親戚の集まりなどでは小さないとこ達の面倒を見ることが多く、それがきっかけで保育業界に興味を持ちました。また、高校生の職場体験では地元の保育園に行き、保育の現場に触れることで気持ちが高まり、専門学校に進学し資格を取得しました。貴園で働く際には、子供たちの見本になり、保護者様が安心して預けられるような保育士を目指したいと思います。

新卒の志望動機サンプルをもっと見る

1~3年目の志望動機・理由

日々の保育ではやりがいをもって勤務しておりますが、定員が多い保育園ということもあり、より一人ひとりの子供たちの個性に寄り添った保育ができる環境で、自身の保育士としてのスキルを高めていきたいと考えて転職を決意しました。定員を増やさず、子供たちを深く見守る貴園の方針に共感し、志望いたしました。現在勤めている園では、多くの子供たちと遊んでいますので、体力には自信がありますので、貴園でも活かしていきたいと考えています。

1~3年目の志望動機サンプルをもっと見る

未経験の志望動機・理由

もともと子供が好きだったこともあり、高校生2年生の進路相談をきっかけに保育士を目指し、専門学校に進学し国家試験で保育士資格を取得しました。保育園での経験はありませんが、子ども一人ひとりの成長に向き合い、サポートしていける保育士になりたいと思っています。体力には自信がありますので、率先して仕事に取り組むことで早く即戦力になれるよう頑張りたいと思います。

未経験の志望動機サンプルをもっと見る

パートの志望動機・理由

新卒の頃より保育士として働いてきましたが、息子の出産を機に退職いたしました。 ただ、今年より小学生にあがりますので、改めてパートとして復帰できればと考えております。 以前は小規模保育園にて働いており、保育士さんが少ないからこそ、一人で色々な業務を短時間で進めていくことが必要でした。 その経験を活かして、正規の職員さんをサポートできればと思います。

パートの志望動機サンプルをもっと見る

キャリアアドバイザーへのご相談はこちら!

オススメ求人はコチラ