十五夜の意味とは?十五夜の由来や過ごし方を紹介!

十五夜の意味とは?十五夜の由来や過ごし方を紹介!

十五夜とは月を見て楽しむ、という日本の行事でもあります。しかし十五夜を過ごす家庭は多くないため、月見の過ごし方やお供え物について悩む方もいるでしょう。

また、子どもに十五夜の意味を聞かれたときに、簡潔に答えられない保護者の方もいるかもしれません。「十五夜を子どもが楽しめるようなアイデアが浮かばない」と頭を抱えることも少なくないでしょう。

そこで今回は、日本文化である月見行事を子どもたちにも楽しく過ごしてもらいたい保護者の方、保育士の方に向けて、十五夜の意味・由来を解説します。子どもが楽しくなる行事のアイデアもあわせて紹介するので、子どもたちと一緒に楽しむ参考になれば幸いです。

十五夜とは?十五夜の意味・由来を解説

十五夜とは、旧暦の毎月15日の夜のことです。新月から満月までの月の満ち欠けの周期は15日周期で、旧暦では新月が1日、15日が満月となります。
十五夜が「中秋の名月」と呼ばれる理由は、旧暦の8月「中秋」は1年で月が最も美しく明るく見える日であるためです。十五夜は「中秋の名月」を鑑賞しながら、農作物などの収穫を月に感謝する行事となっています。

十五夜の由来

十五夜の由来は、中国の中秋節が発祥とされています。中国で行われる中秋節は月を眺めながらお茶や餅を食べるという行事が、平安時代に日本へ伝わりました。江戸時代になると、平安貴族だけで行われていた十五夜の行事は庶民にも広まります。

平安貴族と庶民では十五夜の意味合いが変わります。平安貴族にとって十五夜は、月を見ながら宴会を楽しむ行事でした。

一方で、庶民にとっての十五夜は、作物の収穫を月に感謝したり、豊作を祈ったりする日となりました。必ずしも当日が満月とは限らないため、旧暦の8月15日の夜には芋類の収穫を祝うという意味もありました。また、当時は月への信仰があり、月の神である月読命(つくよみのみこと)が農耕の神でもありました。つまり庶民の十五夜は、月の神に対して感謝・祈願する日です。

十五夜の別名、中秋の名月は旧暦の8月15日の夜に見える月を指します。旧暦では7月〜9月を秋とし、7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋と呼びます。「中秋」は真ん中である8月15日です。

8月は最も空が澄んで月が美しく見えるため、「中秋の名月」と呼ばれるようになりました。また、庶民が芋類の収穫を祝う意味から「芋名月」いもめいげつとも呼ばれ、十五夜にさつまいもなどをお供えすることもあります。

十三夜との違い

十三夜は旧暦9月13日のお月見を指し、栗や豆の収穫を祝う行事です。別名で「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。

十五夜は中国発祥で、月の神に豊作を祈る行事です。一方、十三夜は日本発祥の風習で、時期的に収穫を終える地域が多かったため、月に対して収穫の感謝をします。十五夜と同様、十三夜も月に対して祈願することが目的です。

なお、十五夜と十三夜のどちらかだけ月を見ることを「片月見」「片見月」と言います。当時、片月見は災いが起こると言われており、縁起が悪いこととされていました。

十日夜との違い

十日夜は「とおかんや」や「とおかや」と読み、旧暦の10月10日の夜に行われる行事を指します。主に東日本で行われていた「田の神」を祀る行事で、十三夜の栗や豆の収穫祝いとは違い、稲刈りが無事に終わり田の神が山へ帰る日とされています。

十日夜は「刈り上げ祝い」とも呼ばれ、収穫祭がメインの行事です。餅やぼた餅をお供えするほか、稲刈り後の束ねたわら鉄砲で地面を叩いて歩くなどしていました。地面を叩くことは、モグラなどが作物にいたずらをしないよう追い払うことにもつながります。

西日本では、「亥の子(いのこ)」という行事で豊作や無病息災、子孫繁栄の祈願も行われました。

子どもに伝えたい!十五夜と関係が深い3つのもの

十五夜は月の神へのお供えをはじめ、十五夜と関係が深く馴染みあるものがあります。

中でも、身近で子どもにも説明しやすいものを3つご紹介します。子どもに十五夜について教えたいとき、興味をもってもらいたいときは、ぜひ以下で紹介する十五夜と関係が深いものについてもあわせて教えてあげましょう。

ススキ

本来十五夜に飾るのは、秋の実りの象徴である稲穂です。しかし十五夜が日本へ伝わった時代に稲穂はなく、当時は稲穂に似たススキを代わりに飾っていました。ススキは神を呼ぶ「依り代」を表し、翌年の豊作を願う意味が込められています。
ススキの鋭い切り口には、悪霊や災いから収穫物を守る意味も込められています。飾るススキの本数は決まっていませんが、一般的にお月見団子の横に飾るため、3〜5本ほどがよいとされています。

お月見団子

お月見団子は、米粉で作った丸い団子のことです団子を月に見立て、月に収穫を感謝し翌年の豊作を祈願します。

お月見団子は地域によってさまざまな形があり、関東地方は月をイメージして丸く白い団子です。関西地方は里芋をイメージして白い団子の周りに餡子がついています。色も多種多様で、白、茶、ピンクなどのカラフルなお月見団子もあります。

お月見団子の数や積み方にも種類があり、十五夜は15個もしくは十五夜の一の位をとって5個、または1年に訪れる満月の回数である12個(うるう年は13個)をお供えします。

お月見団子のお供え方法は、三方という台に白い紙を敷き、「ピラミッド型に並べる」のが正式です。ピラミッド型に積むと、収穫の感謝や祈願を月の神まで届けるという意味になります。

うさぎ

インドのジャカータという神話の一節の解釈に「うさぎこそ仏陀の前世である」ことが日本に伝わったという背景から、月にうさぎがいると言われるようになりました。

「今昔物語集」には、「空腹で倒れている老人を助けるため、うさぎは自ら火の中に飛び込んで自分の身を差し出したが、その老人は神であり、うさぎを哀れんだ神が月の中にうさぎを蘇らせた」というお話が載っています。

「月の中でうさぎが餅つきをしている」という話を知っている方は多いでしょう。月の中でうさぎが餅つきをしている理由として、「食べ物に困らないように」「神のために食べ物を用意するため」という説がよく聞かれます。
中国には「不老不死の薬を(薬草を)ついていた」という説があります。

【保育士・保護者向け】子どもと一緒に十五夜を楽しむアイデア

秋が近づくと、十五夜に関する遊びや教育を行う保育園は多いです。子どもの年齢によってできることが変わります。特に保育園では多数の子どもを少人数の保育士で見ることになるので、子ども一人ひとりに危険が及ばないよう、あらかじめ打ち合わせ・シミュレーションをしておきましょう。

保育園でよく行われる遊びなどのアイデアは、以下の通りです。

子どもと一緒に十五夜を楽しむアイデアの例
・お月見団子を一緒に作る
・画用紙にお月見の絵を描いたり、貼ったりする
・月に関する絵本や紙芝居を読む

2~5歳児であれば、お月見団子を一緒に作ることもできます。2歳児は白玉団子の生地を丸める、3歳児は塊の白玉団子の生地からちぎって丸めるなど、年齢にあわせて作業の分担が可能です。子どもは自分の好きな大きさの団子を作ったり、餡子や黄粉やみたらしなどで味をアレンジしたりできます。

2〜3歳児であれば、画用紙にお月見の絵を描いたり貼ったりするのもおすすめです。月やうさぎの絵を描くのもよいでしょう。ススキに見立てた毛糸を飾るのも楽しいです。お絵描きや工作を通して、4〜5歳児は十五夜やお月見団子に興味をもちやすくなります。

子どもたちが夜に月を見る機会は少ないでしょう。月に関する絵本や紙芝居を読むことは、子どもの想像力を養うことにつながります。

まとめ

十五夜は芋、十三夜は豆、十日夜は稲の収穫に対する感謝をする日です。いずれも月の神へ感謝を示す日であり、地域によって内容は異なりますが餅をお供えするのが一般的です。

十五夜に関係が深いものとしては、ススキやお月見団子、うさぎなどがあります。子どもに十五夜について教える際は、関係あるものを扱ったお絵描きや工作、料理などがおすすめです。遊びや体験を通して、楽しんで十五夜の意味や由来を理解してもらえるでしょう。

子育てに関する情報を知りたい方は、「ほいくらし」をぜひお読みください。十五夜以外の行事に関するアイデアも紹介しております。

※当記事は2022年9月時点の情報をもとに作成しています

お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE
友だちに追加する
保育の最新情報や役立つ知識をゆる~く配信中!ほいくらし公式Twitter
園での遊びや催し物など有益な情報をお届け!ほいくらし公式Instagram

CATEGORY :