石川県の保育士求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士石川県

石川県

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から保育士求人を探す

石川県の保育士求人事情

保育士の求人情報2つの就職支援と求人状況

石川県の景観

北陸地方に位置する石川県は、豊かな自然と加賀藩時代からの伝統文化が魅力の県です。自治体と民間企業が協力して子育て世帯を支援する「プレミアム・パスポート」を導入するなど、石川県は子育てしやすい環境が整っています。そうした取り組みから近年子育て世帯が増加しており、多様な保育施設から保育士の求人が出されています。そこで今回は、石川県における保育士の平均給与・求人情報を交えつつ、保育士支援の取り組みについても解説します。

石川県​における保育士の平均給与は?

石川県の景観

保育士が受け取る給与額は、実務経験やパート・正社員といった雇用形態などの要因に影響されます。施設が置かれているエリアも、保育士の給与額に影響するポイントの一つです。

では、石川県における保育士の平均給与はいくらなのでしょうか。 石川県と全国の平均年収を比較すると、以下の表の通りです。

平均年収
全国約363万円
石川県約358万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

全国の平均給与と比較すると、石川県の平均給与はやや低い水準です。ただし、表の金額はあくまでも平均給与であり、実際の給与額はさまざまな要因で変動する点に注意してください。資格手当・役職手当といった諸手当が充実している職場や、企業運営の保育園などでは、給与額が石川県の平均給与を上回る可能性があります。

保育士の給与額を重視する場合は、昇給の機会にも着目しましょう。

最初は給与額が低い職場でも、毎年昇給の機会があれば、平均給与以上を目指すこともできます。

石川県が進める保育士支援の取り組み

石川県の景観

保育士として就業を考えているものの、就職活動にかかる経費や自分のスキルに不安を持つ方は多いのではないでしょうか。

石川県では保育士の就業機会を失わないために、保育士支援の取り組みを進めています。石川県で保育士として働きたい方や転職したい方は、ここから紹介する2つの支援事業をぜひ活用してください。

1.潜在保育士再就職準備金貸与事業

潜在保育士再就職準備金貸与事業は、石川県の社会福祉法人が主体となり実施している貸与事業です。

対象者は石川県内に居住する、保育士として就業していない潜在保育士となっています。貸与額の上限は40万円と高く、託児所など子どもの預け先を探す際の活動費や働く際に必要な衣服の購入費など、幅広く活用できます。また、貸与された金額の返還は、条件を満たすことで免除されます。

対象者①石川県に住民登録がある ②保育士資格者である ③1年以上保育士の業務で働いていない方など ※他にも条件あり
貸与額40万円以内
返還免除の条件県内の保育所等で2年間、保育士として週20時間以上勤務したとき
(出典:社会福祉法人石川県社会福祉協議会「再就職準備金のご案内」/ https://www.isk-shakyo.or.jp/qualification/reentry.html

2.福サポいしかわによる就職・相談支援

石川県の社会福祉法人が主体となり、さまざまな保育士の就職・相談支援を行っています。マッチング紹介から就職支援研修、就業後の相談窓口まで、手厚い支援体制が整っていることが特徴です。中には無料で参加できるものもあるため、保育士就業を考えている方には心強いサポートとなるでしょう。

無料職業紹介保育士資格を持っている方と保育所等施設のマッチングを行います。
保育現場就職支援研修保育士として就職・再就職を希望する方に、保育業務全般に役立つ研修を実施します。
保育現場実習潜在保育士や試験合格者に向けて、保育所等で現場実習する機会を提供します。
保育士ホッと相談保育士が仕事内容で抱える悩み・不安を、経験豊富な第三者に相談できる窓口です。
(出典:石川県「保育士の資格を生かして働きませんか」/ https://www.pref.ishikawa.lg.jp/kosodate/hoikushi/hoikusikakuho/senzaihoikusi.html)

石川県における保育士の求人状況

石川県の景観

ここでは、石川県における保育士の求人状況を、保育士有効求人倍率と保育士求人数で説明します。まず、それぞれの数値は以下の表の通りです。

保育士有効求人倍率(※1)2.75倍(2019年10月時点)
保育士求人数(※2)50件(2020年5月時点)
(※1出典:全国保育士養成協議会:資料「2019年度 保育士養成研究所 第1回研修会 資料:保育の動向と保育士養成課程について」/https://www.hoyokyo.or.jp/nursing_hyk/reference/)(※2出典:マイナビ保育士」/https://hoiku.mynavi.jp/)

上記から、石川県には求職者1人あたり2.75件分の求人募集があることが分かります。マイナビ保育士に掲載されている求人数も多く、石川県の保育士は就職しやすいことが特徴です。

また、2019年における石川県の待機児童数は0人です。

(出典:内閣府「H31.4.1時点保育所等整備量・待機児童数の公表について」/ https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/kodomo_kosodate/k_45/pdf/s5.pdf)

石川県では今後も待機児童数0人を維持するために、継続して保育士求人が出ると期待できるでしょう。

【保育士向け】石川県の遠足・お出かけスポット

石川県の景観

最後に、石川県で保育士として働く際に知っておきたい、2つの遠足・お出かけスポットを紹介します。

1.のとじま水族館

のとじま水族館は、さまざまな水生生物を見学できる体験型水族館です。世界最大の魚類であるジンベエザメをはじめ、エイやクラゲ、熱帯魚などを近くから観察できます。館内には カワウソの餌やり体験ができるカワウソ水槽や、子どもに人気のペンギンやイルカがいるプールもあるため、園児の遠足施設の候補に入れることをおすすめします。

2.月うさぎの里

月うさぎの里は、加賀の月うさぎ伝説をモチーフにしたうさぎと触れ合える施設です。入り口から入ってすぐのうさぎ広場では、毎日50羽以上のうさぎが放し飼いになっています。平日2回・土日休日3回のだっこタイムに合わせて訪問し、園児たちにうさぎのだっこを体験させてあげるとよいでしょう。

このように、遠足のお出かけにぴったりなスポットがある石川県は、これからも保育士の需要が見込まれる地域です。

石川県で保育士を目指す方は、マイナビ保育士を利用し、自分に合う勤務先を見つけましょう。

まとめ

石川県で働く保育士の平均給与は年収約358万円です。全国平均には届かないものの、勤務する職場を選ぶことでカバーできる水準となっています。石川県では再就職準備金の貸与事業や、就職・相談支援も行われているため、求職活動する際は積極的に活用してください。

石川県は保育士求人数が多く、応募先には困りません。石川県の保育士求人を多く保有している求人サイトを利用して、働きやすい職場を探してみてはいかがでしょうか。

※当記事は2020年5月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

石川県における保育士の給料相場は?就職に役立つ貸付事業も紹介石川県における保育士の給料相場は?就職に役立つ貸付事業も紹介
北陸地方に位置する石川県は、日本海に面した位置にあり、漁業はもちろん、農業・林業・伝統工芸品などの製造業も盛んな地域です。特に石川県は食産業も有名であり...
石川県の保育士事情|保育士求人を探す際のポイントも解説!石川県の保育士事情|保育士求人を探す際のポイントも解説!
石川県は「いしかわエンゼルプラン2015」を策定し、「子育て支援先進県」として子どもを安心して生み育てられる環境づくりに積極的な県です。「いしかわエンゼル...
石川県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の求人状況石川県における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の求人状況
本州の中央に位置する石川県は、農業・漁業・林業や、伝統工芸品などの製造業が盛んな地域です。北部は日本海に突出しており、山の食物だけではなく海の食物も楽し...
お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職