岡山県の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士岡山県

岡山県

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

岡山県の保育士求人事情

保育士の求人情報平均給与から求人状況までを紹介

岡山県の景観

岡山県において、保育士として働くことを考えている方のなかには、岡山県は保育士が働きやすい環境かどうか、気にする方も少なくありません。「晴れの国おかやま」のキャッチフレーズで知られる岡山県は、子育て世帯や保育事業への支援が充実している県です。そのため、保育士に対する支援や取り組みも充実しています。今回は、岡山県における保育士の求人情報を解説します。平均給与・求人状況等も交えて解説するため、岡山県で保育士を目指す方は参考にしてください。

岡山県における保育士の平均給与は?

岡山県の景観

岡山県における保育士の平均給与は、約334万円です。一方、厚生労働省が発表した「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、全国における保育士の平均年収は約363万円となっています。

平均年収
全国約363万円
岡山県約363万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

岡山県における保育士の平均年収は、全国の平均年収と比較して約29万円低い水準です。ただし、上記における岡山県の平均年収は、求人サイトによる推定値です。

実際に保育士として勤務する場合は、資格手当等の諸手当や、毎年の昇給によって給与額が上がる可能性もあります。

岡山県が進める保育士支援の取り組み

岡山県の景観

保育士不足が日本全国で叫ばれているように、保育現場における保育士の確保は急務の課題です。

岡山県では、潜在保育士や資格取得したばかりの保育士が就職活動を円滑に行えるよう、各種支援の取り組みを進めています。

ここでは、さまざまな支援や取り組みのなかでも、2つの取り組みを解説します。

1.保育士就職準備金貸付制度

保育士就職準備金貸付制度は、潜在保育士を対象として就職準備金の貸付を行い、保育人材の確保を目指す制度です。貸付額の上限は40万円であり、就職活動費用や研修費用のほか、就職に伴う被服費や転居費用の補助にも使用できます。

定められた条件を満たすことで、返還免除の適用を受けることも可能です。

対象者以下条件の全てを満たす潜在保育士
・保育士の資格免許登録後1年以上を経過した方
・保育所等を離職後1年以上経過、または勤務経験がない方
・保育所等で新たに週20時間以上の勤務をする方
貸付額40万円以内(1人1回限り)
返還免除の条件岡山県内の保育所等で、2年間保育業務に従事した場合
(出典:岡山県「保育士就職準備金貸付制度」/ https://www.pref.okayama.jp/page/432482.html)

2.保育士等キャリアアップ研修

岡山県が指定した機関において、保育士としてのキャリアアップに関する研修を受講できる制度です。研修内容は3種類あり、自分のキャリアに応じた研修を受講できます。 実務経験者ではない新卒の方やブランクがある方は、保育業務全般のサポートとなる「保育実践研修」を受講してみましょう。

研修内容・専門分野別研修(分野選択あり)
・マネジメント研修
・保育実践研修
上記3つから選択
研修時間1分野15時間以上
受講料無料(ただしテキスト代は受講者負担)
申込書類・参加申込書 ・加算対象職員数計算表(提出必要な事業所のみ)
(出典:岡山県「【保育士等キャリアアップ研修】研修実施機関の指定について」/ https://www.pref.okayama.jp/page/624866.html)

岡山県における保育士の求人状況

岡山県の景観

岡山県では、保育士の求人募集が多く出されています。県内の保育士有効求人倍率と求人数をまとめると、以下の通りです。

保育士有効求人倍率(※1)2.29倍(2019年10月時点)
保育士求人数(※2)63件(2020年5月時点)
(※1出典:全国保育士養成協議会:資料「2019年度 保育士養成研究所 第1回研修会 資料:保育の動向と保育士養成課程について」/ https://www.hoyokyo.or.jp/nursing_hyk/reference/)(※2出典:マイナビ保育士/https://hoiku.mynavi.jp/

有効求人倍率2.29倍とは、求職者1人あたり2.29件の求人募集があることを示しています。マイナビ保育士の求人数も63件あるため、岡山県で保育士として働きたい方は、多彩な職場から応募先を選べるでしょう。

岡山県において保育士求人が活発である状況は、県内の待機児童数とも関係しています。岡山県における待機児童の数は、以下の通りです。

待機児童数580人(2019年4月時点)
(内閣府「H31.4.1時点保育所等整備量・待機児童数の公表について」/ https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/kodomo_kosodate/k_45/pdf/s5.pdf)

岡山県の待機児童数は、中国・四国地方において最も高い数字です。

岡山県は現状を改善するために保育士採用を急いでいるため、保育士の求人需要は高い状況といえます。

【保育士向け】岡山県の遠足・お出かけスポット

岡山県の景観

岡山県には、保育園の遠足行事等で利用されるスポットがたくさんあります。今回は、たくさんあるスポットのなかでも、人気の高い2つのスポットを紹介します。

1.遊びの創造ランド おもちゃ王国

「遊びの創造ランド おもちゃ王国」は、国内・国外のさまざまなおもちゃを揃えた「おもちゃのテーマパーク」です。全天候型の各パビリオンにはコンセプトがあり、メーカーごとや世界観に合ったおもちゃで遊ぶことができます。 屋外には観覧車やメリーゴーランド等、子どもたちがはしゃいで楽しめるアトラクションも豊富です。

2.池田動物園

池田動物園は、岡山県で最大の規模と歴史を誇る動物園です。ライオンやペンギンといった定番の動物をはじめ、カピバラ・ワラビー・ホワイトタイガー等も飼育されています。エサやり・ふれあい体験はスケジュールが決められているため、利用前に確認を行いましょう。

今回紹介したスポットで、子ども達と楽しい時間を過ごしましょう。

まとめ

ここまで、岡山県における保育士の求人情報について、平均給与・求人状況も含めて解説しました。

岡山県で保育士求人を探す際は、基本給だけでなく、各種手当や福利厚生までチェックすることがおすすめです。就職準備金貸付制度やキャリアアップ研修等、県が進める保育士支援もあるため、就職活動を行う際は利用してください。

求人情報を探す場合は、求人保有数が多いサイトを活用して、自分にあった施設を選べるようにしましょう。

※当記事は2020年5月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

岡山県における保育士の給料相場は?岡山市・倉敷市は高給傾向岡山県における保育士の給料相場は?岡山市・倉敷市は高給傾向
岡山県は、北部に自然豊かな山や温泉、県南部に穏やかで美しい瀬戸内海が広がっています。県の人口の約63%が岡山市と倉敷市に集中しており、岡山市と倉
お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。