東京都の保育士求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士東京都

東京都

日本の首都として世界に誇る大都市である東京は、人口や企業の多さゆえに、待機児童問題が他都市に比べて深刻です。有効求人倍率は圧倒的に高い5.68倍でありながら、実は潜在保育士が数多く存在しているため、保育士の働き方改革にも力を入れ始めています。2017年からは給与補助として、保育士一人当たり平均4万4000円支給するなど、積極的な人材確保に向けて動き始めました。保育園や保育施設が続々と新規開設する中、保育士を取り巻く環境も改善の方向へと日々変化しています。

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から保育士求人を探す

東京都の保育士求人事情

保育士の求人状況は?平均給与から支援制度まで徹底解説

東京都の景観

東京都における待機児童数は近年減少傾向にありますが、依然として多くの待機児童が存在するため、特に東京都では保育士のニーズが高まっています。東京都には保育士の求人が多いことから、保育士を目指している人の中には、東京都での就職を考えている人もいるでしょう。今回は東京都で保育士を目指している人の参考になるよう、東京都における保育士の平均給与から、東京都が行っている保育士支援の取り組み、東京都の保育士の求人状況までをまとめて解説します。現役の保育士向けにおすすめの遠足スポットも紹介しているため、ぜひ最後まで目を通してください。

東京都における保育士の平均給与は?

東京都の景観

平成30年賃金構造基本統計調査から算出すると、東京都における保育士の平均年収は434万円です。東京都の保育士の平均給与は決して低水準ではありませんが、厳密には性別によって年収に多少の差が生じます。下記は、東京都で保育士として働く男性と女性の月収・ボーナス・年収を比較した表です。

性別月収賞与年収
男性31万円94万円466万円
女性29万円80万円428万円
(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html))

上記の表を見ると、東京都における保育士の平均給与は、男性の方が40万円ほど高いことがわかります。平成30年賃金構造基本統計調査の結果を見ると、男女で平均給与に差が生じている理由は、勤続年数や残業時間の違いが影響していると考えられます。

1.全国平均と比べると高水準

では、東京都の保育士の年収は全国平均と比べると、どれくらいの水準に当たるのでしょうか。 下記に、東京都・全国・各都道府県における保育士の平均給与を比較できるよう表にまとめました。

都道府県平均給与
東京都434万円
神奈川県384万円
埼玉県356万円
京都府407万円
大阪府349万円
兵庫県366万円
全国平均358万円
(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html))

表を見ると、東京都における保育士の平均給与は434万円のため、全国平均の358万円と比較した場合は、80万円ほど東京都の平均給与の方が高いことがわかります。

また、大都市のある関東や関西における保育士の平均給与も全国平均を上回りますが、他府県と比べても東京都における保育士の平均給与の高さはトップクラスと言えるでしょう。

ただし、東京都内でも勤務する区によって平均給与は大きく異なります。 それぞれの区で保育士の確保を目的とする独自の取り組みを行っているため、保育士の給与にも差が出てきています。

2.高給の背景にあるのは待機児童問題

以前から待機児童は社会問題となっており、国や自治体でさまざまな取り組みを開始しましたが、待機児童問題はいまだに解消されていません。

令和元年9月に発表された厚生労働省の調査によると、令和元年4月1日の時点で東京都における待機児童数は3,690人であり、47都道府県の中で最も東京都が待機児童数が多いと報告されています。

こうした待機児童問題を解消するために、東京都では保育士の処遇改善に乗り出し、保育士の給与アップを図っています。たとえば、東京都では数年前から助成金制度を導入しており、平成29年度からは保育士1人あたり月額44,000円の助成金が保育事業者へ支給されるようになりました。

保育事業者へ助成金の支給があることから、東京都における保育士の平均給与は高くなっていると推測できます。

東京都が進める保育士支援の取り組み

東京都の景観

各都道府県では保育士の確保を目的とした独自の取り組みを行っており、東京都においても保育士の支援が進められています。東京都では保育士資格の取得支援や、離職した保育士の復職支援を積極的に行っているため、該当する人はぜひ活用しましょう。ここからは、東京都による保育支援の取り組みを詳しく解説します。

1.保育士資格取得の特例制度

平成24年の「就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律」により、幼保連携型認定こども園が新しく設立されました。 幼保連携型認定こども園は、学校教育と保育を一緒に提供する施設です。そのため、幼保連携型認定こども園で働くためには、幼稚園教諭免許と保育士資格の両方が必要となります。

そこで、東京都では幼稚園教諭免許状を持つ実務経験のある人に限り、保育士資格の取得に必要な単位数などの特例を設けることで、保育士資格の取得を支援しています。所定の条件を満たせば、保育士試験の全科目が免除され、保育士資格を取得することが可能です。

幼稚園教諭免許を持ちながらも保育士として働きたい人は、特例制度を活用して保育士資格を取得することをおすすめします。

2.潜在保育士などの復帰支援

一度は保育所で働いていた経験があるものの、結婚や出産で保育士を辞めた人もいるでしょう。東京都では保育士の復職支援も行っています。たとえば、東京都の保育士に復職したい場合は就業場所の紹介に限らず、就職相談会や就職支援セミナーを利用することも可能です。こうした東京都の取り組みは、ブランクがある人にとって復職の不安解消につながるでしょう。

また、「子育てをしながら働きたい」という人への経済的な支援も充実しています。東京都では、保育士として復職するにあたり子どもを保育園へ預けた場合、保育料の半額を負担する支援事業も行っています。さらに、保育所へ再就職が決まった際の就職支援金を無利子で貸し付けるなど、金銭的な援助も受けることが可能です。

これらの貸付制度はいずれも利子がありません。そのため、結婚等で千葉県を離れた場合にも、損をすることなく借りられます。

復職後のキャリア支援や経済的なサポートもあるため、東京都で保育士として復職しようと考えている人は、東京都の復職支援をぜひ活用しましょう。

東京都における保育士の求人状況

東京都の景観

東京都で行われている資格取得支援や復職支援を知り、東京都で保育士として働くことを検討している人もいるでしょう。その際、気になることは現状の求人情報です。 ここからは、東京都における保育士の求人状況を解説します。2018年11月時点での東京都の保育士の有効求人倍率は6.44倍です。

このことから、保育士1人あたりに対して約6件以上の保育所の求人が出されていると言えます。また、全国の保育士の有効求人倍率3.20倍と比較すると、東京都では保育士のニーズが非常に高くなっていることがわかります。

では、実際に東京都ではどのような保育施設の求人が出されているのでしょうか。 下記に、保育施設の種類別にマイナビ保育士への登録数をまとめました。

保育施設の種類求人サイトへの登録数
認可保育園2,752件
認証保育園・認定保育園813件
院内保育所78件
企業内保育所127件
病後児保育18件
その他認可外保育所272件
幼稚園46件
こども園38件
学童施設124件
障がい児施設36件
プリスクール・幼児教室31件

特定の求人サイトへの掲載数だけでも、東京都には4,300件以上の保育士の求人があり、さまざまな保育施設が保育士を募集しています。

東京都の求人の半数以上は認可保育園ですが、それ以外の保育施設でも多くの求人が出されています。

多様な保育施設の中から、自分の希望する働き方に合致する求人を見つけましょう。

【保育士向け】東京都の遠足・お出かけスポット

東京都の景観

最後に、子どもたちを連れて出かけるのにぴったりの遠足スポットを紹介します。現役の保育士の人はもちろん、これから保育士になる人もぜひ参考にしてください。

1.井の頭恩賜公園

2017年に開園100周年を迎えた井の頭恩賜公園は、たくさんの自然に触れられるスポットです。公園内にある井の頭自然文化園では動物とも触れ合えるため、子どもたちに命の大切を教えることもできます。また、子ども用の複合遊具やトイレなど、引率する保育士が安心できる施設が整っています。

2.上野動物園

上野動物園は、ジャイアントパンダをはじめとする数多くの動物が飼育されているため、老若男女問わず人気の動物園です。園内にある「子ども動物園すてっぷ」では、ウサギやモルモットといった動物に間近で接することができます。さらに、保育施設の遠足で上野動物園に訪れる場合、入園料は無料です。来園当日に無料団体申込書を提出すれば、入園料が免除されます。

3.東京タワー

東京都のランドマークでもある東京タワーは、展望台だけでなく近くに公園もあるため、遠足のお出かけに適しています。東京タワーの展望台から東京の街を見下ろすことで普段とは違う街の景色を知り、子どもたちはきっと新しい発見を得るでしょう。東京タワーに行ったあとは近くの公園で一休みするコースもおすすめです。

その他にも東京都には魅力的な遠足・お出かけスポットがたくさんあります。

保育施設からのアクセスなどを踏まえて、子どもたちに喜んでもらえる遠足を企画しましょう。

まとめ

東京都は待機児童が多いことから、保育士の需要が高くなっています。給与水準は全国でトップクラスを誇る他、保育士の待遇改善を目的とした支援も行っているため、東京都の保育施設は働きやすい環境が整っていると言えるでしょう。

また、東京都では多種多様な保育施設が求人を出しています。自分が希望する働き方と照らし合わせて、まずは求人サイトで募集状況を確認することをおすすめします。

千葉県には多くのお出かけスポットがあるため、保育士となった際、遠足の場所選びで困ることはないでしょう。

※当記事は2019年10月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

東京都における保育士の給料相場は?自治体による取り組みまで解説!東京都における保育士の給料相場は?自治体による取り組みまで解説!
日本一の人口を誇る首都・東京都は、保育士へのニーズが非常に高い地域です。東京都で保育士として働きたい方は、東京都の保育士がどのくらい収...
自分にとってベストの勤務地を探そう!東京23区で見つける、保育士として働きたいエリア自分にとってベストの勤務地を探そう!東京23区で見つける、保育士として働きたいエリア
ひと口に「東京23区で働きたい」と言っても、エリアごとにその特徴はさまざま。まずは各区の大まかな傾向を理解しながら、あなたが保育士として働く...
東京都の保育士事情|求人状況・補助制度や求人を探す際のポイント東京都の保育士事情|求人状況・補助制度や求人を探す際のポイント
日本の首都である東京都には、多くの保育士求人があります。平均給与が高いとも言われていることから、上京して働きたいと思う人は珍しくありません。...
東京都における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の求人状況東京都における「家賃補助・社宅制度・住宅手当」の求人状況
東京都は、日本の中心地でもっとも多くの人が集まることから、全体的に家賃が高い傾向にあります。東京都内で保育士として働くうえでも、家賃面を不安に思っている...
お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職