京都府の保育士求人なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士京都府

京都府

京都府には長い歴史を誇る保育園が多い一方、保護者の多様なニーズにこたえるため新規の保育園の開設も盛んです。待機児童解消のため0~2歳児を対象とした小規模保育園の開設が進んでおり、子ども一人ひとりと関わる保育が実践できるエリアです。

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から求人を探す

京都府の保育士求人事情

保育士の求人情報平均給与や取り組みについて

県の景観

京都府は、保育士の処遇改善に取り組む自治体です。自治体主導で様々な取り組みを行っているため、経験者・未経験者や正社員・契約社員・アルバイトを問わず、より良い待遇の仕事を探しやすいという特徴があります。この記事では、京都府における「保育士の平均給与」や「自治体主導の保育士支援事業」について、詳しく紹介します。さらに、京都府全体の求人状況についても解説するため、就職・転職を前向きに検討する保育士は、ぜひ参考にしてください。

京都府における保育士の平均給与は?

県の景観

京都府における保育士の平均給与は、年収約407万円です。全国的な保育士の平均年収である約358万円より約49万円高く、47都道府県の中でトップの東京都に次ぐ高待遇が魅力と言えます。

全国京都府
約358万円約407万円
(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html))

また、京都府における保育士の平均給与は、周辺都道府県と比較して、非常に高い水準です。以下の表は、京都府と隣接する1府5県における保育士の平均給与を示しています。隣接する都道府県の中では、最も平均給与の高い兵庫県でも年収約366万円と、京都府の水準には届きません。

福井県滋賀県三重県奈良県大阪府兵庫県
約348万円約348万円約341万円約343万円約349万円約366万円
(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html))

京都府における保育士の求人情報を確認すると、年収400万円以上を提示する施設は少なくありません。

通勤手当や住宅手当といった各種手当の充実を掲げる施設が多く、待遇重視の転職を検討する保育士にとって、おすすめの地域です。

京都府が進める保育士支援の取り組み

県の景観

京都府は、国が策定した「保育士確保プラン」に基づき、自治体主導で保育士支援・サポート事業を積極的に推進しています。 保育士資格の取得を目指す人に向けた「保育士修学資金貸付事業」や、京都府内の保育施設に転職する人に向けた「保育士就職準備金貸付事業」が支援事業の具体例です。

ここでは、各事業の内容について詳しく解説します。

1.保育士修学資金貸付事業

京都府内の保育士養成施設などに就学し、資格取得を目指す学生に対して、就学資金や入学準備金、就職準備金を貸与します。無利子で借入できるだけではなく、京都府内の保育施設に就職すると、貸付金の返還義務が免除される制度です。

貸付期間や限度額などの基本情報は、以下の表を参照してください。

貸付限度額・毎月、月額5万円以内 ・入学時・卒業時に、入学準備金20万円以内、就職準備金20万円以内 ※通学施設の種類や家庭の状況によって、諸条件あり
貸付期間原則、養成施設の在学期間
利子無利子
返還免除養成施設卒業から1年以内に京都府内の保育所や放課後等デイサービスなどの施設に就職し、所定の期間勤務すること
(出典:京都府社会福祉協議会「保育士修学資金貸付事業」/ http://www.kyoshakyo.or.jp/career/childminderbusiness.html)

2.保育士就職準備金貸付事業

京都府内の保育所や認定こども園・一時預かり施設などへの勤務が決定した保育士は、引越費用や仕事用の衣服購入費用といった就職準備金を無利子で借りられます。

保育士就職準備金貸付事業は、復職に向けて受講した研修費や、子どもの預け先を確保するための活動費用なども、貸付の対象範囲です。また、就職先で2年間の継続勤務を行う保育士は、貸付金の返還義務が免除されます。

貸付限度額40万円以内
貸付回数1人1回が上限
利子無利子
返還免除京都府内の保育施設に就職後、週20時間以上の保育業務に2年間従事すること
(出典:京都府「保育士確保のための貸付事業」/ https://www.pref.kyoto.jp/kosodate/hoikushi/kashitsuke.html#junbi)

京都府における保育士の求人状況

県の景観

京都府には、京都市内を中心として、保育士の有資格者を求める施設が多くあります。女性の社会進出や都市開発の影響を受けて、京都府での保育に対するニーズは年々高まっている傾向です。

平成28年度7月時点における京都府の保育士有効求人倍率は1.51倍と、全職種の有効求人倍率1.26倍を上回ります。

(出典:京都府「京都保育人材確保・養成対策協議会の議論のまとめ」/ https://www.pref.kyoto.jp/kosodate/documents/hoikujinzaikakuhokyogikai.pdf)

以下の表は、令和2年3月現在のマイナビ保育士における保育士の求人状況を示しています。認可保育園やこども園の求人が比較的多く、有資格者の採用意欲は旺盛です。

保育施設形態「マイナビ保育士」に登録されている施設数
認可保育園83件
認証保育園・認定保育園6件
院内保育所13件
企業内保育所1件
病後児保育1件
その他認可外保育所6件
こども園22件
学童施設2件
プリスクール・幼児教室4件

【保育士向け】京都府の遠足・お出かけスポット

県の景観

最後に、京都府の保育施設で勤務する保育士に役立つ情報として、府内に存在する遠足・お出かけのおすすめスポットを2ヶ所紹介します。

1.京都府立山城総合運動公園

京都府内の都市公園で最大規模の広さを誇り、春は桜・秋は紅葉など、四季折々の豊かな自然を楽しめます。自然林を活かしたアスレチック遊具やSL機関車の展示など見所が多く、遠足スポットにおすすめです。

2.西山公園・ジャブジャブ池

京都府長岡京市にある西山公園内のジャブジャブ池は、乳児や幼児に人気のある水遊びスポットです。

池の周りの人工芝生エリアを活用して、簡単なゲームやアクティビティを行えます。

まとめ

京都府は、正社員やパート・アルバイトなど柔軟な雇用形態から選択できる保育施設が多いため、ライフスタイルに応じた働き方を実現しやすい地域と言えます。

求人情報の検索を行う際には、保育士専門の求人サイトを活用することがおすすめです。求職者から人気の高い施設については、非公開求人として保育士専門の求人サイトに登録する人だけが見られるものがあります。 公開求人だけではなく、非公開求人もリサーチできる保育士専門の求人サイトで、自分の理想が実現できる職場を探しましょう。

※当記事は2020年3月現在の情報を基に作成しています

このページを見た人は、こんな記事も読んでいます

京都府における保育士の給料相場は?独自の支援制度まで解説!京都府における保育士の給料相場は?独自の支援制度まで解説!
京都府における保育士の給料相場は、全国的に見てもトップクラスです。全国平均と比較して数十万円以上も高く、京都府の保育士は給料面で恵まれた環境に...
お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。