神奈川県横浜市中区の保育士求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士神奈川県神奈川県横浜市中区

神奈川県横浜市中区

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から保育士求人を探す

横浜市中区の保育士求人事情

保育士の求人情報取り組みやお出かけスポットも!

横浜市中区は観光の中心となっている一方で、北部はビジネス街や繁華街、住宅街を有した、子育て世代にとって住みやすいエリアとなっています。さらに、マンション建設にともなう人口増加により、保育所や保育士の需要アップが期待できる地域です。 横浜市中区の中央を縦断する鉄道や区内に広がる国道・高速道路により、区外からの通勤も便利という特徴があります。 この記事では、観光地としてのイメージが強い横浜市中区における保育士の求人状況について、平均給与や実際の求人情報とともに紹介します。

横浜市中区における保育士の平均給与は?

横浜市中区における保育士の平均年収を神奈川県全体や全国の平均と比較した結果は、以下のとおりです。

平均年収
全国約363万円
神奈川県約392万円
横浜市中区約324万~370万円
(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html))

横浜市中区の平均年収金額は、実際にマイナビ保育士にて掲載中の求人情報を基に算出した数値です。そのため掲載情報によって変動し、時期が異なれば県全体の平均と同等の金額となる可能性があります。

横浜市中区における保育士の求人情報で特徴的な点は、賞与が「業績による」とする保育所が多いことと、手当に力を入れているところが多いことです。そのため、基本給が低い求人でも賞与や諸手当が大きく加算され、最終的には300万円台後半の年収となることが期待できます。

横浜市中区で高年収を目指す方は、求人情報を見るときは賞与実績に加えて手当欄を必ずチェックしましょう。

横浜市中区が進める保育士支援の取り組み

保育士不足は横浜市で問題視されており、継続的な支援による人材確保が進められています。横浜市の待機児童問題では、「ニーズが高いエリアへの施設拡充」とともに、「保育士の確保に力を入れること」が課題として提示されました。

ここでは、保育士確保のための施策として横浜市中区で行われている、保育士支援の取り組みについて紹介します。

1.保育士修学資金貸付

近年は保育士を目指す方に限らず、学費を理由に進学を迷う学生が少なくありません。進学を目指す方の金銭的な悩みを解決することで未来の保育士を確保する事業が、「保育士修学資金貸付」です。

対象者・指定の保育士養成施設に在学し、経済的に貸付支援が必要と認められる方 ・卒業後は市内で5年以上勤務する意思がある方
補助金月額5万円以内(総額60万円以内)
返済免除の条件養成施設を卒業後、市内の保育所で5年間継続して保育士業務に従事する
(出典:社会福祉法人横浜市社会福祉協議会「保育士修学資金貸付事業」/ http://www.yokohamashakyo.jp/jigyo/hoikushishugakushikinkashitsukejigyo/index.html)

貸付と名前が付いていますが、一定の条件を満たすことで返済を免除されます。この制度に申し込むためには、在学している養成施設を通じて申請する必要があり、入学予定者は対象外となる点に注意してください。

2.横浜市保育士宿舎借り上げ支援事業

保育士を安定的に確保するためには、いわゆる潜在保育士(資格を有するが保育士として勤務していない方)や、市外からの転入者を支援する制度が必要です。横浜市保育士宿舎借り上げ支援事業は、保育所が借り上げた宿舎への入居を金銭的に支援するため、遠方からの転職者や復職を希望する保育士に対する力強いサポートとなります。

対象者宿舎に住む保育士のうち、採用から10年以内の方(住宅手当を受けている場合は対象外)
補助金宿舎1戸あたり61,000円まで(経費の4分の3まで)
申請方法保育所を運営する法人が申請する
(出典:横浜市「保育士宿舎借り上げ支援事業【令和2年度申請分】」/ https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/hoiku-yoji/taiki/r2_shukusha.html)

保育所が保育士のために借り上げている物件のみに適用され、法人が所有する物件に入居する場合は支援を受けることができません。 さらに、申し込みは法人単位でのみ受け付けていることなど、いくつかの注意点があります。

横浜市中区における保育士の求人状況

神奈川県全体における保育士の有効求人倍率と、横浜市中区の求人数は、以下のとおりです。

保育士有効求人倍率(※1)2.96倍(2020年4月時点)
保育士求人数(※2)53件(2020年7月時点)
(※1出典:厚生労働省「平成31年及び令和2年における保育士の各都道府県別有効求人倍率等の比較」//https://www.mhlw.go.jp/content/000636780.pdf)(※2出典:マイナビ保育士/https://hoiku.mynavi.jp/

東京のベッドタウンとして人気が高い横浜市は、待機児童数が27人である一方で、希望する保育所に入所できなかった児童数は3,421人いると発表しています。

(出典:横浜市「令和2年4月1日現在の保育所等利用待機児童数について」/ https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/hoiku-yoji/taiki/taikijidoutaisaku.files/0016_20200519.pdf)

横浜市が、保育士確保のために多種多様な支援事業を行っている理由のひとつが、増え続ける保育ニーズに応えるためです。そして、横浜市の支援により保育所が次々とオープンしており、横浜市中区においては保育士の求人数が今後さらに増えることが予想されます。

横浜市中区における保育士求人の特徴は、全国展開する大手企業による募集が多く、中規模や大規模の施設が多くを占めていることです。正社員の他に、パートやアルバイトも多く募集されています。

また、休日数の充実などワークライフバランスが取りやすいことをアピールする求人も多く見られます。

【保育士向け】横浜市中区の遠足・お出かけスポット

横浜市中区は有名な観光スポットが多く、子どもが喜ぶ施設も豊富です。 ここでは、遠足やお出かけなど保育所のイベントに適したスポットを紹介します。

1.よこはまコスモワールド

約30種類にもおよぶアトラクションが魅力の「よこはまコスモワールド」には、子どもが安心して乗れるアトラクションが多くあります。乗り物に乗る場合は別途アトラクション料金が発生しますが、入園料金は無料です。マスコットキャラクターのグリーティングも楽しめます。

2.根岸森林公園

広大な丘陵地と遊具で遊ぶことのできる「根岸森林公園」は、遠足におすすめです。青空の下でお弁当を広げたり、隣接する馬の博物館やポニーセンターで動物への興味を育んだりと、自然を大いに満喫できます。

桜や梅、イチョウなど四季折々の景色が楽しめることも魅力です。

まとめ

横浜市中区は横浜港など観光色の強い地域ですが、北部には住宅街やオフィス街が広がっているため、保育所の需要は増加傾向です。横浜市全体の待機児童は少ない一方で、希望する保育所に入れない子どもが多く、今後は施設拡充にともなった保育士求人の増加が期待できます。

横浜市中区は保育士宿舎借り上げ支援事業など、行政による保育所・保育士への支援が充実しています。転職や就職を考えている方は、行政による積極的な支援を受けられる横浜市中区で、理想の職場を探しましょう。

※当記事は2020年7月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職