東京都足立区の保育士求人・転職・募集なら【マイナビ保育士】

採用ご担当者様へ

マイナビ保育士ロゴ
保育士求人・転職のマイナビ保育士東京都東京都足立区

東京都足立区

昔ながらの商店街や飲食店が多い足立区は、どこか懐かしく人情味を感じさせる街です。小学校入学に向けて「あだち5歳児プログラム」を実施したり、割引や各種サービスが適用される「子育て支援パスポート」を配布したりと、子育て支援の手厚さにも定評があります。その一方で、待機児童が300人を超える状況が続き、問題の深刻さがうかがえます。区では全国初の制度となる「保育士奨学金返済支援事業」を開始するなど、保育士確保に向けて早急に動き出しています。

条件に該当する公開求人数
※非公開求人は除く

関連する都道府県から保育士求人を探す

足立区の保育士求人事情

保育士の求人情報独自の支援と人気の遠足スポット

足立区は、東京都の中でも北に位置し、埼玉県との県境でもある区となります。区の人口は約68万人を誇り、荒川をはじめとした水辺が豊かな地域です。 そんな足立区で、保育士として就職したいと考えても、足立区における保育士の求人状況などが分からない状況では、就職のための一歩が踏み出せないでしょう。

そこで今回は、足立区における保育士の平均給与や保育士支援の取り組みから保育士の求人状況、さらに遠足・お出かけにおすすめのスポットまで詳しく紹介します。

足立区における保育士の平均給与は?

足立区は高齢化が指摘される一方で、近年子どもの人口が増えてきたと話題のエリアです。 子どもの人口増加に伴い、保育士の需要も年々高まっており、保育士の求人も増加傾向にあります。

マイナビ保育士に掲載されている求人の給与情報をもとに算出した、足立区における保育士の月の平均給与は約21万円でした。ボーナス4か月分が支給されるとして計算すれば、年間の平均給与は約336万円となります。

全国東京都全体足立区
約358万円約434万円約336万円
(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html))

全国における保育士の平均給与や東京都全体の平均給与と比べると、足立区の給与平均は低いと感じる人もいるでしょう。

ただし、足立区では保育士の生活水準を守り、支障なく業務を行ってもらうために、多くの支援・取り組みを行っています。

足立区が進める保育士支援の取り組み

足立区では保育士が支障なく仕事を続けることができるよう、保育士の労働環境を整えるための支援に力を入れています。

ここでは、特に注目すべき二つの支援事業である、「保育士奨学金返済支援事業」と「保育士等住居借上げ支援事業」について紹介・解説します。

1.保育士奨学金返済支援事業

足立区では足立区内の私立保育施設に勤務しながら自ら奨学金を返済している常勤保育士に対し、奨学金返済費用の2分の1(上限10万円/年)を補助する事業を行っています。

対象となる足立区内の保育施設は以下のとおりです。

  • 私立・公設民営認可保育所
  • 私立認定こども園(要件あり)
  • 認証保育所
  • 小規模保育施設
  • 公設民営認可外保育施設
  • 定期利用保育事業
(出典:足立区「保育士を目指すあなたをサポート!「足立区保育士等支援制度」」/https://www.city.adachi.tokyo.jp/kodomo-seibi/shisetsu/kakuho.html)

対象となる奨学金は、保育士資格を取得するために利用した貸与型奨学金です。給付型の奨学金や教育ローンは対象外であるため、注意してください。

2.保育士等住居借上げ支援事業

足立区で常勤の保育士として働く場合、「保育士等住居借上げ支援事業」を利用して勤務先の保育施設に区内にある勤務地近くの物件を借り上げてもらうことができます。

負担してもらえる家賃手当の月額上限は82,000円の8分の7、すなわち76,125円となっています。対象となる保育施設は以下のとおりです。

  • 私立・公設民営認可保育所
  • 私立認定こども園
  • 認証保育所
  • 小規模保育施設
  • 公設民営認可外保育施設
  • 定期利用保育事業
(出典:足立区「保育士を目指すあなたをサポート!「足立区保育士等支援制度」」/https://www.city.adachi.tokyo.jp/kodomo-seibi/shisetsu/kakuho.html)

対象の保育施設への就職が決まったのならば、「保育士等住居借上げ支援事業」による家賃の借上げを相談してみましょう。

足立区における保育士の求人状況

足立区における保育士の有効求人倍率は明らかにされていません。

ただし、令和元年10月時点の東京都全体における保育士の有効求人者数は1,563人、有効求人数は8,173件、有効求人倍率は5.23倍となっています。

(出典:厚生労働省「保育士有効求人倍率」/ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/hoiku/index.html)

平成30年度における東京都全体の有効求人倍率は6.44倍だったことに比べると、保育士不足は多少解消されていると考えられます。

(出典:厚生労働省「「保育士確保集中取組キャンペーン」を実施します」/https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/hoiku/jinzaikakuho_torikumi.files/kakuho.pdf)

ただし、状況が大きく改善したわけではなく、現在でも保育士の需要は高いと言えます。 保育士の需要は、足立区も例外ではありません。

以下の表に示すように、「マイナビ保育士」には足立区にある保育施設の求人情報が数多く登録されています。

保育施設「マイナビ保育士」に登録されている施設数
認可保育園135
認証保育園・認定保育園34
院内保育所2
企業内保育所5
その他認可外保育所4
幼稚園4
こども園1
学童施設1
障がい児施設3
プリスクール・幼児教室1

主婦歓迎・未経験歓迎・シフト制・年齢不問・ブランクOK・扶養範囲内OKの求人もたくさんあります。

足立区で保育士として働きたい人は、ぜひ検索・応募してみてください。

【保育士向け】足立区の遠足・お出かけスポット

足立区には、前述したように名所旧跡に恵まれています。また名所旧跡と同様に、遠足・お出かけに最適なスポットが多く存在します。

最後に、遠足・お出かけに最適なスポットとして、「北鹿浜公園」と「中川公園」について紹介します。

1.北鹿浜公園

北鹿浜公園には「ミニ列車」や「バッテリーカー」など、魅力的な乗り物や遊具が多くあります。 また、おむつを卒業した子どもたちが遊べる「じゃぶじゃぶ池」もあるため、夏の遠足・お出かけにもうってつけです。

2.中川公園

中川公園はA地区とB地区の二つのエリアに分けられている広大な公園です。 A地区にはちびっこ広場があり、ロープジャングルジムなどの遊具でのびのびと遊ぶことができます。 また、たくさんの木々が植えられており、四季折々さまざまな景色を楽しめるため、子どもたちの情感を養うために何度でも訪れたいスポットと言えるでしょう。

足立区には数多くの遠足・お出かけスポットが存在しているため、悩んでしまいますが、遠足行事は事前のスケジュール組みが重要となります。

遠足行事などの際の候補地として、ぜひ参考にしてください。

まとめ

足立区は、保育士に快適に働いてもらうために、さまざまな支援事業を実施しています。 そういった支援事業の成果もあり、全国や東京都における保育士の平均給与よりも少ない平均給与である足立区でも、十二分に保育士として働くことができます。

また、足立区はお出かけスポットに多く恵まれた地域でもあります。遠足行事においては、お出かけ先を決めるスケジュールが、とても重要な意味を持つため、事前に足立区のお出かけスポット候補地を控えておくと良いでしょう。

足立区で保育士として就職を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

※当記事は2020年3月現在の情報を基に作成しています

お電話でのご相談も可能です(携帯・PHS OK)
フリーダイヤル0120-556-670
完全無料
厚生労働省認可の転職支援サービス完全無料でご利用いただけます。
プライバシーマーク
プライバシーマーク取得企業厳密な管理基準で個人情報をお守りします。
「職業紹介優良業者」認定
「職業紹介優良業者」認定を取得78項目の厳しい審査基準をクリアしています。
マイナビDOCTOR |マイナビ看護師 |マイナビ薬剤師 |マイナビコメディカル |マイナビ介護職 |女性の転職