202102_shizuoka_detail_01.jpg

静岡県は、保育所などの新設や受入枠の拡大に伴い、保育士の安定的な確保と資質の向上が必要である都道府県に該当します。自治体主導の保育士支援も積極的に進めているため、希望に応じた就職・転職先を探し、大きなやりがいを実感しつつ働くことができるエリアです。

当記事では、静岡県で就職・転職を希望する保育士に向けて、最新の保育士事情と自治体運営の人材育成・人材確保の取り組みについて解説します。

理想の求人を探すためのポイントも紹介するため、しっかりと稼ぐことができる働きやすい職場と出会うヒントとしてぜひ活用してみてください。

静岡県における保育士事情

静岡県には、過剰な残業や仕事の持ち帰りがなく無理のない働き方を実現する保育士と、業務量の多さにストレスを感じる保育士の両方が存在します。また、給料水準に満足する人がいる一方、労働条件や職場環境に不満を感じる人もいるという状況です。

(出典:静岡自治労連「保育園・こども園職場の【働き方】実態アンケート結果」の特徴について」/http://s-jichiroren.com/wp-content/uploads/2019/10/hoiku_questionnaire_result2019_2.pdf

以下では、勤務時間・給料相場・求人状況に注目し、静岡県の保育士事情をより詳しく紹介します。

勤務時間

まず、静岡県で働く保育士の平均的な勤務時間について紹介します。

静岡県の保育士の平均的な勤務時間は1ヶ月あたり163時間と、全国的な平均数値(男女計163時間)と同程度の水準です。

男性 168時間
女性 163時間
男女計 163時間

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

ただし、勤務時間の統計は、持ち帰り仕事やサービス残業時間を含んでいません。

長時間労働の職場を避けるためには職場の実態を正しく把握し、保育士の働きやすさに考慮した求人を探すことが大切です。

給料相場

静岡県の保育士の平均年収は約339万円と、全国的な平均年収を下回ります。

ただし、保育士の年収は賞与・手当の金額に大きく左右されるケースが多く、静岡県において全国的な平均年収を上回る求人を探すことも可能です。

静岡県 約339万円
全国 約363万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

実際に静岡県が2016年に実施した保育所等実態調査によると、静岡県で働く保育士のうちの約2割は通勤手当などの各種手当を含め、400万円を超える年収を受け取っています。

中には600万円を超える年収を受け取る保育士も存在し、経験・スキルに応じて待遇のよい職場を探すことが可能です。

(出典:静岡県「平成28年度保育所等実態調査の結果を公表します」/https://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-130/hoikujojittaichousa.html

求人状況

2020年4月時点における静岡県の待機児童数は122人と、前年比90人の減少となりました。

(出典:静岡県「令和2年4月1日の保育所等利用待機児童数の状況」/ http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-130/documents/r2taiki.pdf

しかし、国の目標であった「2020年度末までに待機児童ゼロ」の達成には至らず、保育士の処遇改善・潜在保育士の復職支援などの対策を引き続き推進する予定です。

静岡県にある保育所の多くは、未だに深刻な人材不足に陥っており、保育士の確保を急ぎます。「保育士の争奪戦」といわれるほど有資格者に対する需要が高い現在は、「残業少なめ」「研修制度充実」「マイカー通勤OK」など、魅力的な内容の求人を探せる好機です。

「未経験者歓迎」「ブランクOK」といった求人も見つけやすく、希望の勤務条件の職場を探しやすい時期といえます。

静岡県が進める保育士への補助・取り組み

静岡県が進める保育士への補助・取り組み

静岡県が実施する支援・補助制度を適切に使用することで、保育士の働きやすさは変わります。静岡県で就職・転職を目指す人は、県独自の補助制度や取り組みを正しく理解し、上手に活用してください。

以下では、静岡県が進める保育士への補助・取り組み事例を紹介します。

保育士修学資金貸付

保育士修学資金貸付は、保育の現場で活躍できる人材を育成するため、学費や入学準備金、就職準備金を貸し付ける制度です。対象となる施設には、幼保連携型認定こども園・放課後等児童養護施設・児童自立支援施設なども含まれます。

対象者 静岡県指定の養成施設に在学し、県内の保育所などで5年以上働く意思を持つ人もしくは県外の養成施設に在学し、卒業後県内の保育所などで働く意思を持つ人
補助金 学費:上限金額5万円/月
入学準備金:20万円
就職準備金:20万円
返還免除の条件 静岡県内の保育所などにおいて5年間勤務すると返還免除

(出典:静岡県社会福祉協議会「令和2年度 静岡県保育士修学資金修学生募集要項」/ http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-130/documents/1student.pdf

静岡県外の養成施設に在学中の学生でも、県内で就職する意思を持っていれば、保育士修学資金貸付制度を利用できます。

ただし、他の都道府県の実施する保育士修学資金貸付との重複利用は不可能です。

就職準備金貸付

就職準備金貸付は、保育所などを離職または就職経験のない人の就業を促すための制度です。

週20時間以上勤務など申請条件を満たす人が手続きすると原則20万円、状況によっては40万円を借入できます。

対象者 保育士資格を保有して離職状態にある人もしくは保育所などにおける勤務経験がない人
補助金 原則20万円
※諸条件を満たす場合は20万円の加算可能
返還免除の条件 静岡県内の保育所などで2年間勤務すると返還免除

(出典:静岡県社会福祉協議会「令和2年度 就職準備金貸付募集要項」/ http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-130/documents/5shushoku-junnbir.pdf

2年未満で保育所などを退職すると、月払いもしくは半年払い、一括払いなどの方法による返済義務が生じます。2年以上継続して勤務すると返済義務が免除され、「借入の帳消し」という扱いを受けることが可能です。

未就学児をもつ保育士の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付

未就学児をもつ保育士の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付は、子どもの預かり支援事業を利用し、保育士として働く人を支援することを目的とした制度です。

年123,000円を上限として、子どもの預かり支援事業利用料金の半額を借入できます。

対象者 静岡県内の保育所などに勤務もしくは勤務予定で、子どもが保育所などを利用する人もしくは利用予定の人
補助金 子どもの預かり支援事業利用料金の半額
※年額123,000円が上限
返還免除の条件 静岡県内の保育所などで2年間勤務すると返還免除

(出典:静岡県社会福祉協議会「令和2年度 静岡県未就学児をもつ保育士の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付募集要項」/ http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-130/documents/2daycare.pdf

子どもの預かり支援事業とは、ファミリー・サポート・センター事業やベビーシッター派遣事業のことを指します。対象となる子どもの預かり支援事業の詳細は市町村によって異なるため、住まいのある地域の制度を確認しましょう。

未就学児を持つ潜在保育士に対する保育料の一部貸付

静岡県では、潜在保育士に対する保育料の貸付も行っています。

未就学児を持つ潜在保育士に対する保育料の一部貸付は、月額27,000円を上限として保育料の半額を借入できる魅力的な制度です。

対象者 産後休暇・育児休暇から復帰もしくは静岡県内の保育所などから転職する保育士で、未就学児を持つ人
補助金 保育料の半額
※月額27,000円が上限
返還免除の条件 静岡県内の保育所などで2年間勤務すると返還免除

(出典:静岡県社会福祉協議会「令和2年度 静岡県未就学児を持つ潜在保育士に対する保育料の一部貸付募集要項」 http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-130/documents/4hoikuryo.pdf

熱海市や御殿場市など静岡県の一部の自治体では、保育士の子どもの保育所への優先入所を実施し、潜在保育士の職場復帰を助けています。

職場復帰を検討する保育士は所定の方法で手続きし、まず子どもの預け先を探しましょう。

(出典:熱海市「保育士の子どもの優先入所を実施します」/https://www.city.atami.lg.jp/kosodate/hoikuen/1005007.html

(出典:御殿場市な「令和2年度保育所・認定こども園・地域型保育事業所ご利用案内」/https://www.gotemba-kosodate.jp/kosodate/wp-content/uploads/2014/02/ac001baebdc15ca4de22e6d96c472132.pdf

【静岡県】保育士求人を探す際のポイント

保育士求人を探す際のポイント

一般的に院内保育や企業内保育園は給料水準が高く、自分自身の頑張りや実務経験、保有スキルや知識に対する、金銭的な見返りが期待できる職場です。

マイナビ保育士に掲載されている静岡県の求人情報に関しては、こども園の職員も比較的給料水準が高く、4ヶ月分以上の賞与支給実績を持つ求人情報も見られます。

〇ワークライフバランスを重視する人は「時間固定・パートOK」の求人を選択する

静岡県には「時間固定・パートOK」と柔軟な働き方を認める求人が存在します。

マイナビ保育士には「夜勤なし」の院内託児所求人、「残業ほぼなし」の幼稚園の求人なども存在するため、メリハリのある働き方を実現することが可能です。

〇求人サイト(転職サイト)の転職支援サービスを活用する

マイナビ保育士の転職支援サービスを活用すると、希望の待遇・働き方に応じた求人の紹介を受けることが可能です。転職のプロのアドバイスや情報提供を受け、応募先を検討することで、満足度の高い就職・転職を実現できるでしょう。

マイナビ保育士は保育業界の就職・転職に特化した求人サイトであるため、希望通りの応募先を探しやすく、効率的な活動が可能です。

まずは無料の会員登録を行い、情報収集を進めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、静岡県の保育士事情とスムーズな就職・転職をサポートする自治体の取り組み、働きやすい求人を探すコツを解説しました。

静岡県は「待機児童ゼロ」の実現に向けてさまざまな制度を整備している都道府県に該当し、就職・転職にかかる金銭的な負担を軽減することが可能です。

しかし、静岡県にも待遇面の優れない職場がないわけではありません。

理想の職場と出会うために、マイナビ保育士へ会員登録し、転職支援サービスをご活用ください。

※当記事は2020年12月時点の情報を基に作成しています

静岡県の求人情報はこちら