202102_hiroshima_detail_01.jpg

長く働ける仕事として人気の保育士は、ライフスタイルの変化においても確かなキャリアを築いていけるよう、サポート体制が整っている傾向にあります。

そして広島県では、県内で働く保育士に対してさらなるサポートの強化や福利厚生制度の増強、さらにキャリアアップ研修などを行っており、着実にキャリアアップを図る保育士も少なくありません。

今回は、保育士として広島県で働くことを検討している方に向けて、広島県が独自に進めている補助や支援制度などの取り組みについて紹介します。

広島県で保育士として活躍しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

広島県における保育士事情

広島県には、数千人を超える保育士の有資格者が存在しており、すでに保育士として就業している方もいれば、保育士職に就いていない方もいます。

また、すでに就業している保育士のなかでも、公立・私立の認可保育施設や児童福祉施設など、勤務先もさまざまです。

勤務先が異なれば、当然働き方や給料も異なります。

ここからは、男女別・男女計の勤務時間・給料相場データや実際の求人状況を挙げながら、広島県における保育士事情を詳しく紹介します。

勤務時間

厚生労働省が発表したデータによると、広島県の保育士の勤務時間は、下記のとおりとなっていました。

一般的に日本全国の正社員の勤務時間は180時間と言われているため、広島県の保育士の勤務時間はやや短いと言えるでしょう。

男性 168時間
女性 171時間
男女計 170時間

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

しかし、上記のデータは持ち帰りの業務やサービス残業の時間分を含めていません。

運動会や季節のイベントなどの行事前には、持ち帰りの業務が発生したり、残業が必要になったりすることもあります。

給料相場

続いて、広島県における保育士の給料相場を説明します。

厚生労働省のデータをもとに、広島県の保育士と日本全国の保育士の給料相場を比較したところ、広島県の方が全国平均の年収より約20万円も高額であることがわかりました。

広島県 約382万円
全国 約363万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/ https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

給料相場は、一般的に地方よりも都心の方が高額になることが多いですが、広島県の場合は例外と言えます。

高い給料を求めて都心に行く必要性はあまりなく、住み慣れた地で高給を得ながら働ける点は大きな魅力です。

求人状況

厚生労働省が発表した「保育所等関連状況取りまとめ」のデータによると、令和2年4月時点における広島県の待機児童数は39人であることがわかりました。

出典:厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ(令和2年4月1)」/https://www.mhlw.go.jp/content/11922000/000678692.pdf

令和元年4月時点に比べて89人の減少が報告されており、着実に待機児童数の減少を実現しています。

しかし目指す「待機児童ゼロ」には達成しておらず、今後も多くの施設で保育士の確保が急がれるでしょう。

日本全国の保育士求人情報を取り扱う転職サイト「マイナビ保育士」には、2020年12月現在、144件の保育士の求人情報が掲載されています。

144件の求人情報のうち、正社員の保育士を募集している求人は106件、パートや契約社員などの非正規の保育士を募集している求人は39件でした。

さまざまな好条件で多くの求人情報があるため、広島県は比較的希望の求人を見つけやすいと言えるでしょう。

広島県が進める保育士への補助・取り組み

広島県が進める保育士への補助・取り組み

保育士の人材不足が問題となっている近年、全国都道府県において保育士への補助・取り組みが進められています。

これから広島県で保育士として働くことを検討しているなら、広島県の保育士のために用意されている補助や取り組みといった制度を活用することをおすすめします。

ここからは、広島県が独自に進めている保育士への補助・取り組み制度について、詳しく紹介します。

保育士資格および幼稚園教諭免許状取得のための特例制度

保育士資格および幼稚園教諭免許状取得のための特例制度は、すでに保育士資格や幼稚園教諭免許状を取得済みの人に対して、もう一方の資格・免許状の取得を促すための制度です。

対象者 下記の施設での勤務経験が、3年かつ4,320時間以上ある人
・幼稚園・保育園・認定こども園・小規模保育事業所・事業所内保育事業・公立の認可外保育施設・へき地保育所・幼稚園併設型認可外保育施設・その他
※詳細は下記のURLからご覧ください

出典:広島県「保育士資格または幼稚園教諭免許状の一方をお持ちの方で保育教諭を志望する方へ」/https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/244/hoikukyouyu.html

平成27年度に、幼保連携型認定こども園(以降認定こども園)へのスムーズな移行を実現するために作られた当制度は、当初平成31年度末までとなる予定でした。

しかし、令和元年度の特例制度の改正により、令和6年度末までに延長されました。

広島県保育士等キャリアアップ研修

広島県保育士等キャリアアップ研修は、保育サービスの質の向上や保育士のスキルアップを目的とした研修です。

時代に合わせて変化する保育士の多様な働き方や、利用者が求める質の高い保育を実現するために行われます。

対象者 保育所などにおいて、下記の専門分野でのリーダー的な役割を担う人物(見込みの者も含む)・乳児保育・幼児教育・障害児保育・食育・アレルギー対応・保険衛生・安全対応・保護者支援・子育て支援
※マネジメント研修については、すでに上記の専門分野でリーダー的な役割を果たし、主任保育士のもとでミドルリーダーとして活躍している者が対象者となる
研修内容 ・乳児保育・幼児保育・障害児保育などの専門分野別研修・マネジメント研修

出典:広島県「令和2年広島県保育士等キャリアアップ研修を開催します!」/https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/244/hoikushi-careerenhancement.html

保育士としての経験が浅い初任者から、管理職に就いているベテラン保育士まで、どのようなキャリアの保育士でも参加することが可能です。

広島県保育士離職時届出制度「とどけにゃ」

広島県保育士離職時届出制度「とどけにゃ」は、これから保育士を離職する人や、すでに離職中の人のために用意された、離職中もキャリアのサポートを受けられる制度です。

届け出をすることによって、研修や交流会に参加できたり、保育士への復帰をサポートしてもらえたりします。

対象者 ・広島県在住者
・保育士資格の保有者
・これから保育施設を離職する予定の保育士、またはすでに離職済みの保育士
届出内容 氏名・生年月日・連絡先・保育士証の登録番号など

出典:広島県「保育士をお休みする時は届け出を!『とどけにゃ』」/https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/244/todokenya.html

届け出は、インターネット上で簡単に手続きを済ませることができ、対象者本人だけでなく保育施設が本人に代わって届け出ることも可能です。

広島県保育士人材バンクと連携しているため、復職を考えたときに充実したサポートを受けることができます。

離職中も研修や交流会でスキルアップできる機会を得られるため、復職時のアピールポイントにもなるでしょう。

【広島県】保育士求人を探す際のポイント

保育士求人を探す際のポイント

広島県で保育士として活躍している方のなかには、これから保育士になろうと考えている方はもちろん、より良い職場環境や給料を求めて、転職を考えている保育士も多くいるでしょう。

最後に、広島県で保育士求人を探す際のポイントを3つ紹介します。

〇経験者の場合は「オープニングスタッフ」や「経験者優遇」の求人から探す

広島県では、オープニングスタッフを募集している施設からの求人が多くあります。

新しい環境でゼロから人間関係を築けるオープニングスタッフは、職員みんなが新しい顔ぶれのため派閥や摩擦がなく働きやすい環境です。

また経験者は優遇される傾向にあり、早い段階でキャリアアップを図ることも期待できます。

オープニングスタッフを募集する求人に限らず、「経験者優遇」の施設は、持っているスキルに合わせて適切な給料をもらうこともできるでしょう。

〇求める職場環境に合わせて理想の規模の保育園を絞り込む

保育園とひとくちに言っても、その規模や子ども・保育士の数はそれぞれ異なります。

アットホームな少人数の保育園でのびのび働きたい場合は、「小規模保育園」に限定することで、希望の保育園がヒットする確率が高まるでしょう。

反対に、大勢の子どもの成長を見たい・多くの保育士を見て学びたいという場合は、「大規模保育園」がおすすめです。

〇良い求人を選べないならキャリアアドバイザーのいる転職サイトを活用する

広島県には多くの保育士求人が存在するため、良い求人を選びきれないというケースもあるでしょう。

しかし、キャリアアドバイザーがいれば、希望の条件や働き方に応じて適切な求人を紹介してくれるため、なかなか決められない方でも比較的スムーズに応募先を選ぶことが可能です。

マイナビ保育士では、保育士業界に特化したプロのキャリアアドバイザーが、一人ひとりに合った求人の紹介だけでなく、転職時のアドバイスや履歴書の添削サポートも行います。

まずは無料の会員登録を行い、求人情報の収集をぜひ進めてください。

まとめ

保育士の勤務時間が比較的短く、かつ給料相場が全国平均よりも高い広島県は、広島県在住の保育士だけでなく全国の保育士からも人気のあるエリアです。

待機児童問題の改善に向けてさまざまな補助や取り組みの制度も進められており、広島県で働く保育士の処遇は今後も改善され続けると言えるでしょう。

自分に合った保育士求人をなかなか見つけられない・転職先の良い探し方がわからないという方は、ぜひマイナビ保育士をご利用ください。

マイナビ保育士の専属キャリアアドバイザーが、一人ひとりに合った求人をご紹介します。

会員限定の非公開求人も多数掲載しているため、まずは無料で会員登録をしたうえで、ぜひ保育士業界に特化したプロのキャリアアドバイザーにご相談ください。

※当記事は2020年12月現在の情報を基に作成しています

広島県の求人情報はこちら